ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 特別コラム  AIはホテル業界を変えるのか 〜異業種活用事例とインターナショナルチェーンの展望
特別コラム 

AIはホテル業界を変えるのか 〜異業種活用事例とインターナショナルチェーンの展望

【週刊ホテルレストラン2018年01月12日号】
2018年01月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 現在、少子高齢化の進行にともない、日本の生産年齢人口が大幅に減少することが見込まれている。そのような状況下における有効的な施策としては、外国人の積極的な雇用は働き方改革などが挙げられるほか、近年のトピックとしてAI(人工知能)を活用した取り組みがある。
 
 AIは既存のビジネスを大きく変えることが期待されており、企業の人材不足を補うだけではなく、業務の効率化を推進し従業員一人ひとりの生産性をさらに高めることで、収益性にも大きく貢献可能であると言われている。
 
 その一方で、実際にAIのどのような点が優れているのか、業務上のどのような課題を解決できるのかといった実例も少なく、具体的なイメージがわかないとの声も多い。
 
 本編では異業種での先進事例とともに、各インターナショナルホテルチェーンにヒアリングを実施。各ホテルの実践事例、また、各担当者のコメントを紹介する。
 
----
本記事は新年号掲載記事の紹介記事です。
マリオット・インターナショナル、シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ、ザ・ペニンシュラホテルズ、ケンピンスキーホテルズなど事例紹介も掲載しています。
 
HOTERES 2018年1月5・12日号はこちらでお買い求めいただけます。
 
電子版購入はこちら
 
----

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年07月13日号
2018年07月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】新規開業ホテル動向分析
【トップインタビュー】
㈱からくさホテルズ 代表取締役社長 佐藤 亮祐 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE