ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 新年号 特集Ⅰ 法律改正で観光立国を目指す!
新年号 特集Ⅰ

法律改正で観光立国を目指す!

【週刊ホテルレストラン2018年01月12日号】
2018年01月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真:里山十帖
写真:里山十帖

平成18 年12 月に議員立法により成立し、平成19 年1 月から施行されている観光立国推進基本法。国、自治体、住民、観光事業者の責務や役割を示し、それぞれがインフラ整備や魅力ある日本の情報発信に努めている。そして、今日のインバウンド数2400 万人を達成。この勢いは2020 年東京五輪までは続くとみられる。だが、急増するインバウンドに対して法律· 条例が追い付いていない。そこで今回は新春特集として、今後注目の新法、法律改正をテーマにお届けする。
 
----
本記事は新年号特集の紹介記事です。
HOTERES 2018年1月5・12日号はこちらでお買い求めいただけます。
 
電子版購入はこちら
 
----
 
CONTENTS
■総論 2018 年、新法、法律改正がもたらす今後のホテル業界地図はどう変わるのか
■鼎談 宿泊業界に関連する法律はホテル· 旅館のかたちをどのように規定しようとしているのか
財団法人宿泊施設活性化機構(通称:JALF)
事務局長 伊藤 泰斗 氏
㈱日本ホテルアプレイザル 取締役
㈱ホテル格付研究所 代表取締役所長
 北村 剛史 氏
㈱オータパブリケイションズ
専務取締役 経営調査室長 村上 実
■IR 開業は早くて2023 年!
2018 年は、ギャンブル等依存症対策基本法とIR 実施法の成立で、日本版IR 参画を目指す日系企業が名乗りを挙げる

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年04月20日号
2018年04月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション広島 観光資源の宝庫、広島 誘客拡大への…
【トップインタビュー 】
オトカーコレクション シャトー・サンマルタン&スパ ラポジ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE