ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 東京商工リサーチ  3月の全国企業倒産状況—負債総額1326億7200万円 宿泊業9(前年比2件増)、飲食業69(前年比3件減)
東京商工リサーチ 

3月の全国企業倒産状況—負債総額1326億7200万円 宿泊業9(前年比2件増)、飲食業69(前年比3件減)

【週刊ホテルレストラン2018年05月18日号】
2018年05月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 東京商工リサーチによる2018 年3月の「倒産月報」が4 月9 日に発表。全国の企業倒産件数は789 件、負債総額が1326 億7200 万円となった。
 
 倒産件数は前年同月比0.3%増(3件増)で2 カ月ぶりに前年同月を上回った。都道府県別では前年同月より増加が21 府県、減少が16 都道府県になり、7 カ月連続で増加が減少を上回った。これは2008 年6 月から2009 年3 月までの10カ月連続以来のこと。さらに地区別でも9 地区のうち、6 地区で前年同月を上回るなど、全国的な倒産減少傾向の底打ちをうかがわせた。
 
 産業別では10 産業のうち、6 産業で前年同月を上回った。このうち、建設業が157 件(前年同月比8.2%増)と増勢に転じ、2 年5 カ月ぶりに150 件超えになったのが注目される。
 
 負債総額は同20.4%減(341 億2900 万円減)で3 カ月連続で前年同月を下回った。負債10 億円以上の大型倒産が16 件(同51.5%減)と半減したのに対して、負債5000万円未満が452 件(同7.1%増)と増加し、全体の約6 割を占めるなど、小規模倒産を中心に推移した。このため、3 月の負債は過去20 年間で14 年に次いで2 番目に少ない額にとどまった。
 
 
※図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入、または電子版有料版にご登録いただけますよう、お願い申し上げます。
 
ご注文フォームはこちら
 
電子版購入はこちら

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE