ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • トップインタビュー ANA クラウンプラザホテルグランコート名古屋 取締役社長 福田 学 氏 これから先も長く発展を迎えるために人に関わる働き方改革や高齢者雇用などに着手
トップインタビュー ANA クラウンプラザホテルグランコート名古屋 取締役社長 福田 学 氏

これから先も長く発展を迎えるために人に関わる働き方改革や高齢者雇用などに着手

【週刊ホテルレストラン2019年04月26日号】
2019年04月26日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANA クラウンプラザホテルグランコート名古屋
取締役社長
福田 学 氏
Mr. Manabu Fukuta

1979 年3 月 慶応義塾大学 商学部卒業。同年4 月 名古屋鉄道㈱入社。95 年6 月 運転保安部課長、96 年6 月 運転保安部運転課長、98 年6 月 名古屋空港航空営業所長、2003 年6 月 営業部業務課長、05 年6 月 運転保安部長を経て、10 年6 月 名鉄観光サービス㈱取締役、13 年6 月 名鉄海上観光船㈱ 専務取締役、14年 取締役社長に就任。18 年6 月 ㈱ホテルグランコート名古屋(屋号 ANA クラウンプラザホテルグランコート名古屋)取締役社長に就任、現在に至る。

 
 名古屋市を中心に愛知県における外国人観光客は年々増加し、現在、年間200 万人を超えています。全国都道府県では8 位に位置しています。国別にみると中国が半数を占め、全体の80%がアジアからの訪日となっています。今後においても2020 年に開催される東京五輪、2025 年の大阪万博、そしてこの地域に関わり深いリニアモーターカーの開業など、外国人および国内の観光客需要はますます増加していくでしょう。
 
 その流れの中で供給過多とも思われる都市型、ビジネスホテルの増加、名駅地区を中心とした商業ビルの増加など、愛知県も名古屋市を軸に街の開発が進められています。また栄エリアには外資系ラグジュアリーホテルの建設が公表されました。海外の一流ホテルが名古屋に進出することによりプラス効果はあるものの、個々のホテル運営においてはますます厳しくなるのでないかと予測しています。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年05月17日号
2019年05月17日号
本体3,200円(税込)
【特集】「ウェルネス」産業が成長トレンド
【トップインタビュー】
㈱近鉄・都ホテルズ 都リゾート 志摩 ベイサイドテラス 総支…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE