ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • (株)近鉄・都ホテルズ  新生 都ホテルズ&リゾーツ「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」宿泊レポート
(株)近鉄・都ホテルズ 

新生 都ホテルズ&リゾーツ「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」宿泊レポート

2019年06月26日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内および米国にて22施設、約6,000室を展開する近鉄・都ホテルズが2019年4月よりブランドを「都ホテル」「都シティ」「都リゾート」の3つのカテゴリーに再編し新たなスタートを切った。

図:ブランドポートフェリオ
図:ブランドポートフェリオ

今回、同ホテルブランドカテゴリー刷新に際し、伊勢志摩エリアにて展開する「海辺ホテル プライムリゾート賢島」が、「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」として今年2019年4月にブランドリニューアルオープンを果たしことから、現地レポートをする。

 
 
「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」は、三重県志摩市にある英虞湾内で最も大きい有人島の賢島(伊勢志摩エリア)に位置する。

賢島といえば、G7伊勢志摩サミット2016(第42回先進国首脳会議)の開催地としてまず思い浮かぶが、ここ賢島は、リアス式海岸の英虞湾の豊かな地形に囲まれ真珠養殖を始めとする水産業で繁栄してきた歴史がある。
現在は観光業が主となってはいるが、いまも豊かな環境のもと、伊勢海老、鮑、あおさ、鰹節などの名産品が多いことでも有名。
 

 
さて、ここ「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」(旧 海辺ホテル プライムリゾート賢島)は、全部屋テラス付きのオーシャンウィングとガーデンウィング・ビィラの全108室。

外観は、白壁にオレンジ色のテラコッタ屋根が特長で、施設全体が本格的な南欧リゾートが再現されていて、エントランスに一歩足を踏み入れれば、そこはもう異国情緒漂う非日常リゾート。ロビー、パティオ(中庭)やヴィラから桟橋へと続く階段からの景色など、撮影スポットが満載なフォトジェニックホテル。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年11月08日号
2019年11月08日号
本体1,630円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た日本のベスト “300”ホテル
【トップインタビュー】
リーガロイヤルホテル小倉 総支配人 南浦 忠義 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
日本ではアマン東京、アマネムに続く3施設目 京都・鷹峯に天然温泉を有す「アマン京都」11 月1日開業
日本ではアマン東京、アマネムに続く3施設目 京都・鷹峯に天然温泉を有す「アマン京都」11 月1日開業
ハイアット ホテルズ コーポレーション 京都・東山に「パーク ハイアット ホテル京都」 創業142年の料亭・京大和の敷地に10月30日開業
ハイアット ホテルズ コーポレーション 京都・東山に「パーク ハイアット ホテル京都」 創業142年の料亭・京大和の敷地に10月30日開業
IHG(R)/横浜グランドインターコンチネンタルホテル 「インターコンチネンタル横浜Pier8」10月31日開業 96室中最多が46m2、中長期滞在にも訴求
IHG(R)/横浜グランドインターコンチネンタルホテル 「インターコンチネンタル横浜Pier8」10月31日開業 96室中最多が46m2、中長期滞在にも訴求
星野リゾート 「星のや沖縄」と「星野リゾート バンタカフェ」を沖縄・読谷村に2020年5月20日開業
星野リゾート 「星のや沖縄」と「星野リゾート バンタカフェ」を沖縄・読谷村に2020年5月20日開業
「唯一無二な個性」と「独自のストーリー」を追求する「アンバウンド コレク ション by Hyatt」が富士スピードウェイ に開業する理由 
「唯一無二な個性」と「独自のストーリー」を追求する「アンバウンド コレク ション by Hyatt」が富士スピードウェイ に開業する理由 
CLOSE