ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2019年11月15日号 特集 ホテル・ブライダルランキング 婚礼部門の売上高から見たベスト78
2019年11月15日号 特集 ホテル・ブライダルランキング 婚礼部門の売上高から見たベスト78

特集 本誌独自調査 ホテル・ブライダルランキング 婚礼部門の売上高から見たベスト78

【週刊ホテルレストラン2019年11月15日号】
2019年11月14日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本誌では恒例の独自調査として「総売上高ベスト 300ホテル」のアンケートを実施しており、その調査と連動させて、ホテルの婚礼部門売上高、婚礼組数、披露宴列席者総数などのアンケートを実施した。その調査をもとに、

●婚礼部門売上高ベスト 78ホテル
●婚礼組数ベスト 60ホテル
●1人当たりの総消費単価ベスト 60ホテル
●1組当たりの総消費単価ベスト 60ホテル
●地域別上位ホテル(数は地域により異なる)
●ホテル内レストランウエディング売上高ベスト 20

などを掲載する。なお、本特集に掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
転載などをご希望の場合は、必ず事前に弊社(電話:03・6226・2380)までご連絡ください。

ランキング表の見方 
(1)調査方法:小社運営のホテルデータベースサイト「HITS(HOTEL INFORMATION TOTAL SYSTEM)」に掲載されているホテルのうち、約3000軒にアンケート用紙を郵送。ただし、ブライダル施設のある約 1650軒にアンケート用紙を郵送、またはオンラインサーベイを実施した。
回収したアンケート結果を基本とし、随時電話サーベイを実施 
(2)調査実施時期:8月中旬~ 9月上旬
(3)回答数:101ホテル(有効回答 79、数字非公開・その他 22)
(4)調査対象:企業単位ではなく、事業所(ホテル)単位
(5)調査対象年度:2018年度決算
(6)婚礼部門の売上高:料理、飲料、衣裳、美容、写真、引き出物、室料、施設使用料、装花、演出関連、サービス料を含む。消費税は含まない(原則としてこの定義に沿って回答を要請)
(7)婚礼部門の売上高や組数には、レストランウエディングの売り上げや組数は含まない。レストランウエディングの項目は独立させている
(8)主要指標の算出方法:原則として以下の定義に沿って算出
・1人当たりの総消費単価=婚礼部門売上高÷披露宴列席者総数
・1組当たりの総消費単価=婚礼部門売上高÷婚礼組数
・披露宴 1組当たりの平均列席人数=披露宴列席者総数÷婚礼組数
・売上高増減率={婚礼部門売上高(18年度)-婚礼部門売上高(17年度)}÷婚礼部門売上高(17年度)× 100
・組数増減率={婚礼組数(18年度)-婚礼組数(17年度)}÷婚礼組数(17年度)× 100
表記単位未満は原則四捨五入 ※―は設定なし、もしくは回答なし

----
本記事は2019年11月15日号特別企画の紹介記事です。
ご興味・関心をお持ちの方はぜひ本誌をお買い求めください。
 
HOTERES 2019年11月15日号はこちらでお買い求めいただけます。
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php
 
電子版(ブラウザ閲覧型PDF)購入はこちら
https://sci.hitsdb.net/hb/user
----

週刊ホテルレストラン最新号
2020年02月21日号
2020年02月21日号
本体1,650円(税込)
【特集】数字が語るIR

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE