ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 安田不動産/デュシット インターナショナル タイを拠点とするデュシタニホテルが日本初進出 「デュシタニ京都」2023年秋開業予定
安田不動産/デュシット インターナショナル タイを拠点とするデュシタニホテルが日本初進出 「デュシタニ京都」2023年秋開業予定

安田不動産/デュシット インターナショナル タイを拠点とするデュシタニホテルが日本初進出 「デュシタニ京都」2023年秋開業予定

2020年11月24日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デュシタニ京都外観イメージ
デュシタニ京都外観イメージ

 タイの不動産開発大手のデュシット インターナショナル(本社・タイ王国 バンコク)が展開するラグジュアリーホテルブランド「デュシタニ」が日本初上陸する見通しだ。安田不動産(株)(本社・東京都千代田区、中川雅弘 代表取締役社長)が進める元京都市立植柳小学校跡地活用事業(京都市下京区)においてデュシット インターナショナルの子会社のD&J(株)(本社・東京都千代田区、中村裕 代表取締役)とホテルマネジメント契約を9 月29 日付で締結。D&J (株)が運営する「デュシタニ京都」が2023 年9 月(予定)に誕生する。

 同事業は、京都市が元植柳小学校跡地(京都市下京区)の敷地を活用し、国内外の文化交流とまちのにぎわいを創出する事業者を公募し、安田不動産が選ばれたもの。安田不動産はホテル機能のほか、MICE に対応した多目的室、自治会活動スペース、植松公園などの整備も行なう計画だ。

 デュシタニ京都は約150 室の客室、タイをテーマにしたオールデイダイニング、和食レストラン、ロビーラウンジ &バー、ファンクションルーム、フィットネスやウェルネスアクティビティーのためのヘルスクラブなどを併設予定としている。

 なお、デュシット インターナショナルは現在、ホテル・リゾートの分野で世界14 カ国に6 ブランド339 のプロパティを展開。日本にはアジアで高級バケーションレンタルを提供するエリートヘブンズを通して進出し、ニセコのスキーリゾートの別荘を運営している。また、タイとフィリピンにてホスピタリティカレッジも運営している。

【元京都市立植柳小学校跡地活用事業 概要】
所在地: 京都市下京区西洞院通花屋町下る西洞院町466 他/敷地面積:4701m2/延べ床面積:1 万7600m2(予定)/構造規模:鉄骨造・鉄筋コンクリート造(予定)、地上4 階 地下2 階(予定)/主用途:ホテル、レストラン、スパ、ファンクションルーム、地域施設など(予定)

週刊ホテルレストラン最新号
2021年01月29日号
2021年01月29日号
本体1,650円(税込)
【新春企画】ホスピタリティー業界の年頭所感
【トップインタビュー】
Dining Innovation Investment Founder 西山 知義氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE