ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020年12月4日号 トップインタビュー マリオット・インターナショナル 日本・グアム担当エリアヴァイスプレジデント カール・ハドソン氏/アロフト東京銀座 総支配人 小杉 眞弘 氏
2020年12月4日号 トップインタビュー マリオット・インターナショナル 日本・グアム担当エリアヴァイスプレジデント カール・ハドソン氏/アロフト東京銀座 総支配人 小杉 眞弘 氏

トップインタビュー マリオット・インターナショナル 日本・グアム担当エリアヴァイスプレジデント カール・ハドソン氏/アロフト東京銀座 総支配人 小杉 眞弘 氏

【週刊ホテルレストラン2020年12月04日号】
2020年12月03日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドとチームメンバーの個性でほかにはないユニークなホテルを目指す

マリオット・インターナショナルが世界展開する「アロフト」の日本初となる「アロフト東京銀座」が、さる10 月1 日に開業した。本稿では同社の日本・グアムエリアヴァイスプレジデントのカール・ハドソン氏と同ホテル総支配人の小杉眞弘氏に、アロフト東京銀座およびマリオット・インターナショナルの今後の展望や戦略などについて聞いた。
※内容は9 月30 日時点のものです。

アロフトは常に進化するブランド

---ついに開業となりましたね、おめでとうございます。日本では一軒目となるアロフトということで、まずはアロフトといブランドについて教えて下さい。

カール・ハドソン氏(以下「ハドソン」)
アロフトは2008 年にカナダのモントリオールで最初のホテルが誕生したホテルブランドです。これまでのホテルとは一線を画す大胆かつ活気溢れるデザイン、人々の交流を促すオープンなスペース、最先端のテクノロジー、「W XYZ Bar」での定期的なライブ・コンサートシリーズ「Live@Aloft」などが特徴で、現在世界25 以上の国と地域で175 軒以上のアロフトを展開しています。

アロフトはブランドのコアバリューを「Sassy(カッコよく)」、「Savvy(気の利いた)」、「Space」、としており、音楽やアートなど、自己表現を仕事にしている人、もしくはそのような仕事ではなくてもこうしたことを発信しているような人たちを一つの主要なターゲットとしています。ホテルタイプはセレクトサービスに分類されますが、そうした旅行者の方へ向けてデザイン、個性、色、音楽へのこだわりをホテルで表現し、それが生み出す文化をセレクトサービスのカテゴリーに加える、「Different. By Design.(デザインでの差別化)」というブランド哲学を発信しています。

小杉 眞弘氏(以下「小杉」) また、アロフトは展開の中で進化を続けています。例えばデザイン面ではおよそ3~4年周期でデザインを進化させており、このアロフト東京銀座は第4 世代に当たります。

テクノロジーの面でも進化をしており、アロフト東京銀座でもオペレーションにテクノロジーをフルに生かしています。例えばスマートフォンによるチェックイン、チェックアウトはもちろん、スマートフォンを客室の鍵としても使えるといったものです。

​マリオット・インターナショナル 日本・グアム担当エリアヴァイスプレジデント カール・ハドソン 氏
​マリオット・インターナショナル 日本・グアム担当エリアヴァイスプレジデント カール・ハドソン 氏

Profile
カール・ハドソン 氏
(Karl Hudson)

1996 年に旧ルネッサンス・シドニー・ホテル(現シドニーハーバー・マリオット・ホテル)での料飲部長就任時よりマリオット・インターナショナルでのキャリアをスタート。2003 年に旧セブシティ・マリオット・ホテルの総支配人に就任。その後三亜マリオット亜龍湾リゾート&スパ、ルネッサンス香港ハーバービュー・ホテルの総支配人を歴任し、11 年には香港のマルチ・プロパティ・ヴァイスプレジデントに昇進。12 年南中国のマーケットヴァイスプレジデント、13 年には同役職に日本も加わった。その後14 年にタイ、フィリピン、ベトナム、カンボジア及び日本担当ヴァイスプレジデントに就任。17 年には、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー担当となり、16 年のスターウッド買収後の急成長や変化、統合を導いた。19 年9 月1 日より現職。

週刊ホテルレストラン最新号
2021年01月29日号
2021年01月29日号
本体1,650円(税込)
【新春企画】ホスピタリティー業界の年頭所感
【トップインタビュー】
Dining Innovation Investment Founder 西山 知義氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE