ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2021年6月25日号  日本フードサービス協会 2021年4月の外食産業市場動向
2021年6月25日号  日本フードサービス協会 2021年4月の外食産業市場動向

日本フードサービス協会 2021年4月の外食産業市場動向

【週刊ホテルレストラン2021年06月25日号】
2021年06月24日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

壊滅的打撃から1年余、コロナ前への回復には程遠い現状

 4 月は、まん延防止措置が5 日から宮城県、大阪府、兵庫県に、12 日から東京都、京都府、沖縄県に適用され、さらに25 日からは3 回目の緊急事態宣言が4都府県に発令され、宣言下地域においては酒類提供が禁止となった。前年4 月が動向調査史上最悪の落ち込みとなったため、今回の全体売上は対前年同月比136.7%となったが、コロナ禍前の前々年対比では80.5%にとどまり、厳しい状況が続いている(以下、カッコ内 は前々年比を表す) 。

 業態別では、ファーストフード(FF)業態全体の売上は、前年同月比117.6%であったが、一番好調なFF業態でさえ対前々年月比は99.1%とコロナ以前には及ばない。「洋風」は引き続きテイクアウトが堅調 、店内飲食を再開したところもあり、売上は110.0%(114.0%) となり、一昨年の売上をも上回った。「和風」は、高付加価値志向の新メニューの提供により客単価が上昇、売上は108.9 %(91.5%)。「麺類」は、持ち帰りメニューの拡充が貢献し、売上は172.5%(77.9%)。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、持ち帰りが定着した「回転寿司」が回復傾向、売上は121.9%(94.3%)。「その他」の売上は、132.2%(90.5%)となった。

 ファミリーレストラン業態は、第1 回緊急事態宣言時ほどの落ち込みはなく、売上は175.4%(69.0%) 。業種別では、「洋風」売上162.9%(65.6%) 、「和風」売上199.8%(63.6%) 。「中華」は、テイクアウトが健闘し売上140.4%(87.3%)。「焼き肉」も、時短営業の中で奮闘し、売上254.9%(75.9%)と伸びを見せた。
飲食業態も昨年と比較すると、「パブ・ビアホール」の売上は584.2%(24.8%)、「居酒屋」は274.2%(26.9%)と膨張している。
ディナーレストラン業態は、一部で高単価の弁当のテイクアウト、リピーターによる単価の下支えなどで、売上は296.4%(46.4%)。
喫茶事業態の売上は、229.1%(68.2%)となった。今年はビジネス街立地の店舗が 苦戦した形となった。


----
※各種図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入をお願い申し上げます。
 
2021年6月日号ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php
-----

週刊ホテルレストラン最新号
2023年01月27日号
2023年01月27日号
本体1,650円(税込)
【特集】年頭所感2023
【トップインタビュー】
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 執行役員 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
2023年1月6-13日号 スペシャルインタビュー 森トラスト(株) 代表取締役社長/森トラスト・ホテルズ&リゾーツ(株) 代表取締役社長 伊達 美和子氏
2023年1月6-13日号 スペシャルインタビュー 森トラスト(株) 代表取締役社長/森トラスト・ホテルズ&リゾーツ(株) 代表取締役社長 伊達 美和子氏
2022年12月23日号 トップインタビュー ヒルトン広島総支配人サミュエル・ピーター氏
2022年12月23日号 トップインタビュー ヒルトン広島総支配人サミュエル・ピーター氏
2022年12月16日号 トップインタビュー インターコンチネンタルホテル大阪 総支配人 アレックスポーティアス氏
2022年12月16日号 トップインタビュー インターコンチネンタルホテル大阪 総支配人 アレックスポーティアス氏
2023年1月20日号 トップインタビュー ヴィソンホテルマネジメント(株) ヴィソン ホテルズ 総支配人 宮崎 大介 氏
2023年1月20日号 トップインタビュー ヴィソンホテルマネジメント(株) ヴィソン ホテルズ 総支配人 宮崎 大介 氏
2022年11月25日号 トップインタビュー  オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國清三 氏
2022年11月25日号 トップインタビュー オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國清三 氏
CLOSE