ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2021年7月16日号 特集 ホテルブランデッドレジデンスの潮流を探る
2021年7月16日号 特集 ホテルブランデッドレジデンスの潮流を探る

特集 ホテルブランデッドレジデンスの潮流を探る

【週刊ホテルレストラン2021年07月16日号】
2021年07月15日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

延期になっていなければ、今ごろはインバウンドで活況だったはずの日本の観光経済。コロナ禍で一変したいま、投資対象のハイレジデンスの需要が伸びているという。並行して、グローバルカンパニーのホテルブランデッドレジデンスへの関心が高まっていることから、ここでは日本での現状と今後の動向を探る。

Contents
総括 ホテルブランデッドレジデンスが活況の兆し 日本での開発がさらに加速
ウルトラ富裕層のニーズとグローバルサービス
[レポート]富裕層向け、日本の居住物件の仲介業(Tokyo Portfolio)に聞く
寄稿 ホーワス HTLジャパン マネージングディレクター高林浩司氏
インタビュー (株) ASTERISK代表パートナー/(株) GOYOH代表取締役伊藤幸彦氏
インタビュー 森ビル(株)住宅事業部 事業推進部部長安島幸世氏
インタビュー H.A. Advisors, Ltd.代表阿部博秀氏

----
本記事は2021年7月16日号 特集の一部紹介記事です。
興味・関心をお持ちいただいた方はぜひ本誌をお買い求めください!
HOTERES 2021年7月16日号はこちらでお買い求めいただけます。
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php
----

虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(C)DBOX for Mori Building Co.
虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(C)DBOX for Mori Building Co.

高さ約 330mの A街区タワー(正面右)最上部には、91戸のホテルブランデッドレジデンス「アマンレジデンス東京」を計画。また、高さ約 240mの B-2街区タワー(正面中央)では低層部にラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」を併設。14.53階の住宅(約 330戸)ではホテルと連携したサービスが利用できる。高さ約 270mの B-1街区タワーには、約 170戸のサービスアパートメントを含む、約 970戸の住宅を計画 
 

週刊ホテルレストラン最新号
2021年12月03日号
2021年12月03日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
東和不動産(株) 事業開発部 東富士開発準備室 室長 伊奈 …

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE