ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 日本マナー・プロトコール協会 「マナー・プロトコール検定」文部科学省後援決定
日本マナー・プロトコール協会

「マナー・プロトコール検定」文部科学省後援決定

2015年09月25日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NPO法人 日本マナー・プロトコール協会が主催する「マナー・プロトコール検定」が2015年9月9日付で文部科学省の後援となった。
 
同検定は、正しいマナーとプロトコールの普及、啓発を目的として2003年に試験を開始し、現在までに約2万人が資格を取得しているもの。同協会は今回の許可は、検定事業を通じて、日本人として、社会人として必要なマナーやプロトコール、日本のしきたりなどを伝え続けてきたこと、12年間継続して多くの方々に受験いただいた実績等が評価されたものと考えているとしている。
 
マナー・プロトコール検定とは
マナー・プロトコール検定は、マナー&プロトコール(国際儀礼)に関わる知識や技能を認定する資格検定。
 
<各級のレベル>
 1級:  マナー・プロトコール検定の最高位として、知識、技能に加え品格も身につけ、様々な場面で正しい所作、振る舞いができ、広くマナー&プロトコールを指導することができるレベル。
 準1級: マナー&プロトコールを総括的に捉え理解していることに加えて、しきたりや社会的なルールについても細部に渡ってその差異が理解できるレベル。
 2級:マナー&プロトコールについての基礎的な知識を持っている人が、さらにブラッシュアップし、状況に応じて正しいマナーを判断できるレベル。
 3級:日本人として、社会人としてこれだけは知っておいてほしいマナー&プロトコールの基本的な知識を有しているレベル。
 
上級検定は、マナー講師、客室乗務員をはじめ、ホテル・観光関係の方々など、マナーに精通している方や、サービスの「プロ」が目指す資格として実施している。
 
日本マナー・プロトコール協会とは
国際化が進む今日、生活やビジネス、国際交流の場において必要不可欠なマナー&プロトコールについて、その真髄を探求し、それらを広く普及、啓発していくことを目的として設立された特定非営利活動法人(NPO法人)。
http://www.e-manner.info/

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年03月24日号
2017年03月24日号
本体1,600円(税込)
【特集】HCJ2017徹底レポート
【トップインタビュー】
城山観光㈱ 代表取締役社長 東 清三郎 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
森トラスト㈱  奈良県公募の「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」プロポーザル優先交渉権者に決定 世界遺産と豊かな緑に囲まれた奈良公園に最高級インターナショナルの開業を目指す
森トラスト㈱  奈良県公募の「吉城園周辺地区保存管理・活用事業」プロポーザル優先交渉権者に決定
京王プラザホテル  フランス料理界の重鎮 名誉総料理長 緑川廣親氏、国際料理芸術クープドール・マリウス・デュトレイ 日本人として初の受賞
京王プラザホテル 
マリオット・インターナショナル ×積水ハウス㈱  中部国際空港(セントレア)初の外資系ホテル「フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港」2018年秋に開業
マリオット・インターナショナル ×積水ハウス㈱ 
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.4 KPG HOTEL&RESORT 取締役社長 兼 COO 田中 正男 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.4 KPG HOTEL&RESORT 取締役社長 兼 COO 田中 正男 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.5 ザ・ペニンシュラ東京 総支配人 ソーニャ・ボドゥセック 氏
2017年1月6・13日号新年号 特 集 Ⅱ 私が後継者に求める資質 Vol.5 ザ・ペニンシュラ東京 総支配人 ソーニャ・ボドゥセック 氏
CLOSE