ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2021年9月24日号  日本フードサービス協会 2021年7月の外食産業市場動向
2021年9月24日号  日本フードサービス協会 2021年7月の外食産業市場動向

日本フードサービス協会 2021年7月の外食産業市場動向

【週刊ホテルレストラン2021年09月24日号】
2021年09月22日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月は「緊急事態宣言」または「まん延防止等重点措置」が沖縄、大阪、首都圏などに適用され、下旬には原則無観客五輪が始まり、持ち帰り需要が強みのファーストフード(FF)が外食全体をけん引した。全体売り上げは前年を少し上回った(102.1%)ものの、コロナ禍前の一昨年の 86.3%にすぎない。営業時間と酒類提供の制限が厳しい中で、パブ・居酒屋業態の深刻な状況は延々と続く。
 
  業態別では、ファストフード(FF)業態は全ての業種で前年よりは良くなり、全体の売り上げは前年比 108.6%、コロナ以前の一昨年比でも103.9%であった。「洋風」は、五輪の自宅観戦でテイクアウトとデリバリーが増え、売り上げは 115.8%。「和風」は、一部大手の積極的なメディア露出もあり、売り上げは101.0%。「麺類」は、持ち帰り需要とイートインの戻りで全体売り上げ 103.4%となった。
 ファミリーレストラン(FR)業態は、営業時間短縮や酒類提供禁止をテイクアウトやデリバリーでカバーしきれず、売り上げは“コロナショック”が始まった昨年の93.5%、一昨年対比では 71.2%となった。
  
  飲酒業態は、酒類提供の禁止あるいは時間制限が続き、「パブ・ビアホール」の売り上げは57.4%、「居酒屋」は 62.6%となった。パブ・居酒屋業態全体では前年の売り上げの 61.5%となったが、一昨年比ではわずか 30.0%となる。
 ディナーレストラン業態は、ディナーに付き物の酒類提供や夜間営業の制限で、休業に追い込まれる店もあり、売り上げは 88.3%(一昨年比では 57.8%)と依然厳しい。 
 喫茶業態は緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の下でも、人流の減少率はさほどでもなさそうで、売り上げは 105.8%となった(一昨年対比では72.1%)。

----
※各種図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入をお願い申し上げます。
 
2021年9月24日号ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php
----

週刊ホテルレストラン最新号
2021年10月22日号
2021年10月22日号
本体1,650円(税込)
【特集】ニューノーマルのFB 第四弾“教育機関とテクノロジー”
【トップインタビュー】
(株)ワンダーテーブル 代表取締役社長 秋元 巳智雄氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE