ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ヒルトン/(株)シーフードレガシー/(株)UMITO Partners サステナブル・シーフード調達を通じて持続可能性の向上を目指す覚書締結
ヒルトン/(株)シーフードレガシー/(株)UMITO Partners サステナブル・シーフード調達を通じて持続可能性の向上を目指す覚書締結

ヒルトン/シーフードレガシー/UMITO Partners サステナブル・シーフード調達を通じて持続可能性の向上を目指す覚書締結

【週刊ホテルレストラン2021年12月10日号】
2021年12月08日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヒルトン日本・韓国・ミクロネシア地区(日本支部・東京都新宿区)、(株)シーフードレガシー(本社・東京都中央区)、(株)UMITO Partners(本社・東京都渋谷区)の 3社は 10月27日、サステナブル・シーフード調達を通じて持続可能性の向上を目指すための協働パートナーシップに関する覚書を締結したことを発表した。
 
 同覚書はヒルトン日本・韓国・ミクロネシア地区におけるサステナブル・シーフードの調達目標の実現や促進を通じて、日本国内をはじめとした各地域の生産現場および海洋環境の持続可能性の向上を目的とするもの。
 
 ヒルトン社は水産資源や水産物に関する認証取得や商品情報をシーフードレガシー社に共有し、シーフードレガシー社はヒルトン社が調達したい商品企画などの情報を適切なサプライヤーに共有したりするなど情報基幹の役割を担う。
 UMITO Partners社はサステナブル・シーフードにおける生産現場の情勢・動向について必要に応じ情報共有を行なう。
 
 ヒルトン日本・韓国・ミクロネシア地区代表のティモシー・ソーパー氏は「ヒルトンでは 2030年までに環境に対する影響を半減するという目標を掲げ、サステナブル・シーフードにおける 22年末までの目標には絶滅危惧種の調達廃止、水産物調達量の 25%以上を MSCおよび ASC認証商品とすること、それ以外の水産物に関しては認証取得に向けて改善プロジェクトに取り組む供給元から調達することが含まれています。新たなパートナーのご協力のもと、私たちの環境に配慮した活動はますます加速していくと確信しています」とコメントする。

 

左から(株)シーフードレガシー代表取締役社長の花岡 和佳男氏、ヒルトン日本・韓国・ミクロネシア地区 代表のティモシー・ソーパー氏、(株)UMITO Partners 代表取締役社長の村上 春二氏
左から(株)シーフードレガシー代表取締役社長の花岡 和佳男氏、ヒルトン日本・韓国・ミクロネシア地区 代表のティモシー・ソーパー氏、(株)UMITO Partners 代表取締役社長の村上 春二氏

週刊ホテルレストラン最新号
2022年05月20日号
2022年05月20日号
本体1,650円(税込)
【特集】afterコロナを見据えた、洗浄業務の効率化を考える
【トップインタビュー】
(株)ローズホテルズ・インターナショナル 代表取締役社長 …

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE