ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「ラグジュアリーマーケットの展望と主要企業の取り組み」をテーマに2ホテル登場
「データブック2022連動ウェビナー」第4回目開催レポート

「ラグジュアリーマーケットの展望と主要企業の取り組み」をテーマに2ホテル登場

2022年07月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 第4回目は「ラグジュアリーマーケットの展望と主要企業の取り組み」をテーマに6月16日開催。フォーシーズンズホテル京都とW大阪の2ホテルが登壇。
 
 フォーシーズンズホテル京都は京都でのラグジュアリーホテルブランドのオープンラッシュに先駆けて東山にて2016年に開業。コロナ禍においては「自分たちのホテルが本来持っている財産」を追求し続け、その自ホテルの優位性を武器に、客室では高価格帯を維持し展開している。今後はファミリー層にフォーカスしたサービスや体験を増やしていく姿勢だ。
 
 W大阪はラグジュアリーライフスタイルホテルの「W」ブランドにおいて日本初進出として2021年3月に開業。50室のスイートルーム含む337室の客室、幅広い料飲アウトレットのほか、フィットネスやスパ、宴会などの機能も備えている。世代でターゲティングせずに、国内・国外問わずリピーターのゲストを増やしていくことを狙い展開。
 
 ラグジュアリーマーケットがコロナ禍でどのように推移しているのか、両ホテルに宿泊・料飲・宴会部門それぞれの変化や新しいマーケットの発見についてコメントをいただいた。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE