ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「個性派ホテルの差別化への取り組みと事業的成果」をテーマに開催!
「データブック2022連動ウェビナー」第5回目開催レポート

「個性派ホテルの差別化への取り組みと事業的成果」をテーマに開催!

2022年07月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 第5回目は6月23日、「個性派ホテルの差別化への取り組みと事業的成果」をテーマに開催。アロフト東京銀座、SQUEEZE、ハイアット セントリック 銀座 東京の3社が登壇。
 
 アロフト東京銀座はマリオット・インターナショナルが世界展開する「アロフト」ブランドの日本初進出として20年10月に開業。ブランドのコアバリューを「Sassy(カッコよく)」「Savvy(気の利いた)」「Space」としており、音楽やアートなど自己表現を仕事にしているゲストなどをメインターゲットとし展開している。
 
 SQUEEZEは「空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになる」をビジョンに掲げ、約20棟の自社ホテル運営事業とクラウド運営ソリューション事業を展開。ホテル業界のDXを加速させ、持続可能なホテル運営の仕組み創りを推進していくべく、さまざまな取り組みを行なっている。
 
 ハイアット セントリック 銀座 東京はハイアットの手掛けるフルサービス型ライフスタイルホテルとして18年1月にアジアで第一号店として開業。ブランド名には「街の中心」「情報の中心」という二つの意味が込められており、「常にゲストの中心であること」を基本理念としている。
 
 ウェビナーでは個性派ホテルとして、それぞれがどのような差別化の取り組みを図りマーケットシェアをとっているのかを探った。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE