ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「独立系ホテルとしての戦い方」をテーマに開催
「データブック2022連動ウェビナー」第7回目開催レポート

「独立系ホテルとしての戦い方」をテーマに開催

2022年07月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 第7回目は7月7日に「独立系ホテルとしての戦い方」をテーマに、ホテルニューアワジ、龍名館の2社が登壇。
 
 ホテルニューアワジは兵庫県洲本市の淡路島に拠点を置き、ホテルニューアワジグループ17施設の運営を行なっている。1953年旅館「水月荘」の創業を始まりとし、淡路島を中心とする関西一円においてホテル・旅館の再生を行ない、関西を代表するホテルグループとして展開している。
 
 龍名館は1899年に創業し、旅館業をルーツとし、2009年の東京店のリニューアルに伴い、会社の社風や文化をダイナミックに刷新。そして18年に東京3店舗目となる「ホテル1899東京」を新橋にて開業し、同ホテルは「お茶とともに過ごすゆるやかな時間」をコンセプトに手掛けている。
 
 両社の強みや、開業におけるコンセプトづくりのあり方、成功のポイント、今後の見通しなどをお聞きした。


 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE