ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 特別企画Ⅰ  ヴィセラ・ジャパンとともに歩んだ10 年 日本、そして世界に向けた戦略とは
特別企画Ⅰ  ヴィセラ・ジャパンとともに歩んだ10 年 日本、そして世界に向けた戦略とは

「YON-KA」インターナショナルディヴィジョンマネージャー、ブルーノ・ル・ダン氏、同インターナショナルトレーナー、ソニア・デュランドさん

【週刊ホテルレストラン2015年11月27日号】
2015年11月27日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「YON-KA」インターナショナルディヴィジョンマネージャー、ブルー ノ・ル・ダン氏。世界50 か国で展開するブランドの海外展開を担う
ソニア・デュランドさん。世界でたった一人の「YON- KA」インターナショ ナルトレーナー。同ブランドが展開する50 ヵ国を巡り、ブランドの クオリティを保つため、各国トレーナーの研修を行なっている

ヴィセラ・ジャパンは「YON-KA」日本上陸10 周年記念として7 月にレセプションを開催。テーマは「Todayand Beyond」。今までの経緯とこれからの10 年への想いを取引先、プレス関係者など約100 名のビジネスパートナーに報告した。フランス・本部スタッフや世界各国からYON-KA ファミリーが集う温かな会となった。レセプション出席のためフランスより来日した、「YON-KA」インターナショナルディヴィジョンマネージャー、ブルーノ・ル・ダン氏と同インターナショナルトレーナー、ソニア・デュランドさんに「YON-KA」の日本および世界的な戦略について話を聞いた。
 
スペシャルな強みは揺るがない信念
世界中でともに進化し続ける
 
―日本上陸10 周年ですね。おめでとうございます。ブランドとして60 年以上もの歴史を積み重ねることができた秘訣と戦略をお聞かせください。
 
 ありがとうございます。「YON-KA」の製品には世界中から集めた素材を使っていることもあり、いつも世界に対してオープンマインドであるように心がけています。「YONKA」はフランスの純然たるファミリービジネスとして現在も受け継がれ、理念を正しく理解してくれることを前提に、製品や技術をきちんと継承できるパートナー企業を自ら選び、世界展開を行なっています。創設以来、品質を落とさずに成長し続けることができていると自負しています。「YONKAに携わる人たちはすべてファミリー」という考えも浸透し、同じ一つの目的に向かうチームとなっています。
 
一番大切なことは同じレベルの価値観を共有できるかどうかです。ブランドの背景をきちんと理解し情熱を持っているか、そして世界的に共通のトレーニングが反映できるスタッフが確保できるかが重要。本国からのインフォメーションをきちんと共有したうえで、各国ごとにアレンジしたマーケティングや顧客のニーズに合った新しい提案も必要です。
 
 ヴィセラ・ジャパンと共に歩んできたこの10 年は、充実していてあっという間に過ぎました。10 数年前、日本の提携先としてヴィセラ・ジャパンよりも経済力や社歴のある大きな企業も候補にあがっていましたが、武藤さんはプロジェクトのみを持って私共を説得しにいらした(笑)。ブランドのことを熟知しているだけでなく、その情熱や進む方向性などがマッチしたことでYON-KA ファミリーの一員になっていただきました。正解だったと確信しています。
 
 基本的に「YON-KA」の製品はどんな気候にも肌にも適応し、カスタマイズできるように作られています。そのためホテルスパやスパリゾートのコンセプトに合わせ、製品もトリートメントも選びやすいと自負しております。日本はトリートメントと鍼灸を組み合わせたメニューを世界で唯一行なっています。単に「YON-KA」のイメージやコンセプトに合うだけでなく、鍼灸大学の監修を受け半年以上の検証を経て相乗効果があるかどうか見極めてから商品化しました。
 
 今、日本だけでなくグローバルに求められているのがエイジングに対する製品とトリートメント。この秋、日本でリリースした「エクセランス コード クレーム」と新トリートメントの展開に続き、2016 年も新製品の発表を予定しています。期待していてください。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年01月14日号
2022年01月14日号
本体3,300円(税込)
【特集I】アフターコロナの大予測 #1「SDGs」市場
【インタビュー】
(株)帝国ホテル 代表取締役常務 徳丸 淳氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE