ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2016年新年号 新春企画 わが社の“人” への約束 VOL.5 アコーホテルズ  代表取締役 エリック・ディグネジオ 
VOL.5 2016年新年号 新春企画 わが社の“人” への約束 VOL.5 アコーホテルズ  代表取締役 エリック・ディグネジオ 

アコーホテルズと社員の約束

【週刊ホテルレストラン2016年01月08日号】
2016年01月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 アコーホテルズでは、今後ホテルネットワーク数を増やしていく上で、さらなるお客さま満足度向上がカギとなり、その中でも、不可欠であるのが「人材」であると考えます。
 
 世界中に18 キャンパスあるアコーアカデミーでは、85コースものさまざまな分野に特化したトレーニングコースが用意されています。このトレーニングは、総支配人から一般社員にいたるまで幅広い社員が受講できる内容となっており、オンラインと対面の双方を通じて、また本人の知識やスキルに応じてカスタマイズしたコースを受講できます。
 
 こうした知識を身につけることで自信が生まれ、またそれが社員自身のモチベーションにもつながり、より素晴らしい心のこもったサービスをお客さまに提供できると考えます。また、比較的日本人が苦手とする、グループワークやプレゼンテーションスキルなどの講義もあり、トレーナーが一方的に講義を行なうのではなく、参加者が積極的にトレーニングに参加するスタイルとなっているため、はじめは恥ずかしさなどを感じる社員も時間が経つにつれ発言も多くなり、国籍や年齢、役職などを超え、多様なバックグラウンドを持つ社員同士で活発な意見交換がされる機会が生まれます。これにより、より強いチームビルディングができるほか、新しいアイディアなどを一緒に考えることで、社員の想いが世界中から訪れるお客さまへのサービスにつながっていくと信じています。
 
 アコーホテルズでは昨年6 月から新しい企業メッセージである「Feel Welcome」を掲げていますが、その言葉の通り、お客さまはもちろん、オーナーの皆さま、パートナー企業の皆さまなどすべての人々に対し、ホスピタリティー精神を大切に、期待に応えるアコーホテルズであること、そして、その企業メッセージを伝える中核となる社員を大切にすること、それがアコーホテルズの「人」への約束です。
 
アコーホテルズ
http://www.accorhotels.com/ja/japan/index.shtml
 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年01月21日号
2022年01月21日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテル業界 年頭所感 2022
【トップインタビュー】
国土交通省 国土交通大臣 斉藤 鉄夫氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE