ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 書籍紹介  『2020年オリンピック後 勝ち組になる日本のリゾート』 ~インバウンド富裕層の個人客獲得がカギ~
書籍紹介 

『2020年オリンピック後 勝ち組になる日本のリゾート』 ~インバウンド富裕層の個人客獲得がカギ~

2016年09月06日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方自治体、地域再生、観光に携わる担当者様皆様が外国人富裕層個人客のビジネスに興味があるのであれば、今すぐにもスタートすべきであると思います。この著書は日本国内の観光産業に携わっている全ての方々へのメッセージとして受け止めてください。
 
 
ご注文フォームはこちら
https://www.hoteresonline.com/hoteres/application/input/78
 
本書の内容
1.なぜ私が2020年東京オリンピック後の話を今(2016年現在)、本の課題として著書にしているのか
2.主要インバウンドマーケット(富裕層)の旅行&消費パターン
3.外国人が好む日本のリゾート、観光地、レストラン&伝統文化
4.各国の一人当たりのGDPとリピートマーケットの関連性
5.ポテンシャル・インバウンド・マーケットと各国のお国柄&食文化
6.「ケース・スタディI」リゾートデスティネーション 湯布院(大分)
7.「ケース・スタディII」リゾートデスティネーション 湯河原(神奈川)
8.外国人富裕層個人客がリピートしたくなるリゾートデェスティネーションの将来ビジョンと成功できる秘訣
9.各リゾート&温泉地が属する地域の地方自治体、商工会、観光課、観光協会、旅館組合、ホテル、旅館、レストラン、インバウンドツアーオペレーターなどの組織にオフィス・マスダがコンサルタントとしてお手伝いできる事項
 
本書の特徴
Ⅰ.1988年ソウルオリンピックでのグランドハイアットソウルホテル副総支人の立場からのオリンピック開催中でのホテル経営の難しさ、POST PLIMPIC(オリンピック終了後)のマーケティング活動の難しさなど。
Ⅱ.米国リゾートマーケティングコンサルタントの観点から「外国人に人気のある日本の温泉地第二位の(大分県由布院温泉)」のデスティネーション・マーケティングのあり方。
Ⅲ.現在在住している観光地湯河原でのインバウンド・マーケティングプランのあり方。
Ⅳ.最新のホテレス連載記事「語学でけじゃない、押さえておきたい各国のお国柄と食文化」の情報と各国の一人当たりのGDPを含めた基礎データの分析がどのリゾートや観光地にメリットがあり、又高いリピート率を保てるかの検証。
Ⅴ.アジア人と北米、オセアニア、ヨーロッパ人富裕層個人客の旅行パターンと消費パターンの分析。
Ⅵ.温泉観光地でのスパビジネスとスパクイジーヌの将来性の分析。
Ⅶ.クラウド型無料グループウェアインスタグラムなどが起こしているデェスティネーションマーケティングの手法での大きな革命。


書籍概要
2016年8月5日発売
本体 2,020円+税/著者:リック 増田 著/A5判/240頁



 

リック 増田 オフィス・マスダ 代表
リゾート マーケティング コンサルタント 
横浜生まれ、アメリカ国籍、ハワイ大学旅行 産業マネジメントコースで主にホテルマネジメントとマーケティングを学ぶ。アメリカ在住20年、1987年から韓国グランドハイアットソウル副総支配人を含めアジアパシフィックでのアメリカ企業勤務(シェラトンハワイ、アロハ航空、グランドハイアットシンガポール、ハイアットリゾートハワイ)など8年、93年ハイアットコーポレーション東京事務所ディレクターオブセールスを歴任。94年オフィス・マスダ設立。主にグローバル企業でのマネジメント、マーケティング、リーダーシップ、プレゼンテーション、ネゴシエーションスキル教育コンサルティング、バイリンガル人材教育、地域での観光活性化、観光地・ホテル・旅館の英語でのホーム・ページ作成に携わり、最近ではホテル・旅館での飲食部門(FB)関連の語学&異文化教育トレーナーなども務める。近年、経済通産省の2014年度補助事業「ふるさと名物応援事業(地域資源海外販路開発支援事業)」でのプログラムファシリテーターも務めていた。

中村 俊太 オフィス・トラクシヲン
リゾート マーケティング コンサルタント 
神奈川県立小田原高校~大阪芸大~早大在籍中より私大にて実習助手を担当。工芸系専門学科への官費留学を経た後、教育専任職として研究・学生指導に従事。日本デザイン学会、日本教育情報学会に所属し論文、研究ノートを発表。その後 海外自動車メーカー日本法人にて、カスタマーリレーションマネージャー、サービス及びセールスマネージャー等を歴任。販売の現場では3年連続で全国優秀セールス賞を受賞。独立後は海外自動車メーカーのディーラー支援プロジェクトにて顧客満足度向上、収益向上のコーチング、その他オンサイトトレーニング業務等を担当。現在は自己の経験を活かし観光による地域活性化への魅力開発、顧客対応力向上プロジェクト等にも従事。

週刊ホテルレストラン最新号
2021年09月24日号
2021年09月24日号
本体1,650円(税込)
【特集】産学連携の強化で、社会と自社課題を解決する!
【トップインタビュー】
Zentis Osaka 総支配人 安井 淳氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE