ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕の「世界のリーディングホテル」VOL140 ラディソンモスクワ
VOL140 小原康裕の「世界のリーディングホテル」

VOL140 ラディソンモスクワ

【週刊ホテルレストラン2017年04月14日号】
2017年04月16日(日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小原 康裕
「世界のリーディングホテル」
ホテルジャーナリスト
小原 康裕 プロフィール

クレムリンから西へ僅か3㎞先、モスクワ川の向こうに高さ206mのスターリン・ゴシック様式による巨大な摩天楼が姿を現す。この高層建築こそが“旧ウクライナホテル”、現在の「The Radisson Royal Hotel, Moscow」である。
クレムリンから西へ僅か3㎞先、モスクワ川の向こうに高さ206mのスターリン・ゴシック様式による巨大な摩天楼が姿を現す。この高層建築こそが“旧ウクライナホテル”、現在の「The Radisson Royal Hotel, Moscow」である。

手前の立像は、ウクライナの国民的詩人タラス・シェフチェンコの像。
手前の立像は、ウクライナの国民的詩人タラス・シェフチェンコの像。

高さ236mの巨大なモスクワ大学の建物を筆頭に、1950年代に七つのビルが建てられ、スターリンの“七姉妹”と地元では呼ばれている。
高さ236mの巨大なモスクワ大学の建物を筆頭に、1950年代に七つのビルが建てられ、スターリンの“七姉妹”と地元では呼ばれている。

クレムリンから西へわずか3㎞先、モスクワ川の向こうに高さ206mのスターリン・ゴシック様式による巨大な摩天楼が姿を現す。この高層建築こそが“旧ウクライナホテル”、現在の「The Radisson Royal Hotel, Moscow」(以下、RR/M)である。1953年から57年にかけて建設され、重厚な正面ファサードと、ウクライナの伝統的な意匠に範をとった内装が特徴的だ。エントランスホールにあるフレスコ画の壮麗な天井画に思わず目を奪われる。中央部の摩天楼がホテルで、周囲の低層棟はアパートという構成だ。中央棟の前面には広場が整備され、この広場にウクライナの国民的詩人タラス・シェフチェンコの像が立てられた。

ラディソンロイヤルの重厚な正面エントランス。
ラディソンロイヤルの重厚な正面エントランス。

正面玄関で正装のドアマンがゲストを迎える。この先にエアポートと同じ検査機があり、所持品のチェックが行なわれる。
正面玄関で正装のドアマンがゲストを迎える。この先にエアポートと同じ検査機があり、所持品のチェックが行なわれる。

エントランスホールにあるフレスコ画の壮麗な天井画に思わず目を奪われる。ホテル館内は、ウクライナの伝統的な意匠に範をとった内装が特徴的だ。
エントランスホールにあるフレスコ画の壮麗な天井画に思わず目を奪われる。ホテル館内は、ウクライナの伝統的な意匠に範をとった内装が特徴的だ。

エントランスホールにある美しいステアケース。歴史的建築の価値を損なわず当時の壮麗な建物を再現した。
エントランスホールにある美しいステアケース。歴史的建築の価値を損なわず当時の壮麗な建物を再現した。

赤色の制服で対応するエントランスホールにある市内観光案内のアテンダント。
赤色の制服で対応するエントランスホールにある市内観光案内のアテンダント。

中2階回廊から俯瞰したエントランスホール。
中2階回廊から俯瞰したエントランスホール。

エントランスホールの奥に設けたレセプションデスク。
エントランスホールの奥に設けたレセプションデスク。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE