ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 名称変更、新企業メッセージ。 新生アコーホテルズの革新的な新規デジタルサービスを発表
アコーホテルズ

名称変更、新企業メッセージ。 新生アコーホテルズの革新的な新規デジタルサービスを発表

2015年06月05日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アコーグループはこのほど、「アコーホテルズ」とグループ名、企業メッセージを変更したことを発表した。
 
 グループ名変更とともに新規B to B向けデジタルサービスの開始を発表している。4月に買収したFastbookingが中心となり、パートナーとしてセレクトされた独立系ホテルに対し、さらなるサポートと知名度向上、販売増加につながるサービスを提供するとしている。

 
 以下、プレスリリースより。
 
グループ名:アコーからアコーホテルズへ
新生アコーホテルズの革新的な新規デジタルサービスを発表
 グループ名および企業メッセージを変更:新生アコーホテルズへ
 独立系ホテルにマーケットプレイスを提供
 B to B向け革新的なデジタルサービス
 すべてを集約した最新アコーホテルズモバイルアプリの誕生


フランス・パリを拠点とする、世界最大級のインターナショナルホテルチェーン・アコーは、この度グループ名を「アコーホテルズ」とし、今後のビジネス展開に新たなチャプターを開きます。

新グループ名

この度、アコーグループは、2015年6月3日より、「アコーホテルズ」にグループ名を変更いたしました。この度のグループ名変更は、ホテルグループであるということ、そして企業ブランドとして、デジタルプラットフォームである公式サイト・Accorhotels.com(日本では、Accorhotels.co.jp)とともに、今まで以上に認知度を向上させていくことが目的です。各ホテルブランドの核として、グループ名と各ホテルブランドを結びつけ、相互における認知度向上を目指します。

アコーホテルズの新企業メッセージ

「Feel Welcome」は、世界共通に受け入れられる言葉です。シンプルで分かりやすく、そしてホスピタリティ業界の本質である、「Feel Welcome」は、その言葉の通り、すべての方をウェルカムすることを意味しています。お客様はもちろん、従業員、パートナ企業のすべての皆様に対し、アコーホテルズでは、「Feel Welcome」の精神を大切にしていくことをお約束します。

ブランド
新しいロゴは、紺色を基調とし、今までも使用してきたグループのシンボルである渡り鳥をハニーカラーで使用。このシンボルは、アプリのアイコンなどにも使用され、グループの精神、決断そして旅行のシンボルです。


革新的なデジタル戦略 - ホテリエからホテリエへ、新規B to Bサービス・マーケットプレイスの提供

グループ名変更とともに、革新的な新規B to B向けデジタルサービスを提供を開始します。
アコーホテルズでは、ホテル業界のパイオニアとして、最先端のデジタルテクノロジーを活かしたサービスを常に提供してまいりました。企業間での新規サービスとして、この度デジタルプラットフォームAccorhotels.comを、厳正な審査において選ばれた独立系ホテルにマーケットプレイスを提供いたします。

このサービスは、2015年6月末より順次スタートし、2015年7月には実際にお客様にご利用いただけるようになり、今後は公式サイトAccorhotels.com上にてグループブランドホテルと同様に、お客様からの評価やアコーホテルズで定める基準をもとに選ばれた独立系ホテルも表示されることとなります。アコーホテルズ公式サイトは、現在フランス、ブラジル、オーストラリア、ドイツの国々ではホテル予約サイトとして大きなシェアを確立しています。そのため、この度のAccorhotels.com上のマーケットプレイスの提供が、独立系ホテルにとって、大変魅力的、かつ強力なディストリビューションチャネルとなります。現在、世界300の主要都市に対し、約10,000ホテルの利用を可能にすることを目標としています。

この新規B to Bのマーケットプレイスサービスは、今年4月に買収したFastbookingが中心となって、イニシアティブをとって進めていきます。アコーホテルズは、パートナーとしてセレクトされた独立系ホテルに対し、更なるサポートと知名度向上および販売増加につながるサービスを提供いたします。

また、新しくアコーホテルズモバイルアプリも生まれ変わりました。今まで個別に分かれていたすべてのブランドに対するアプリもこのアプリ内に集約され、より便利に使いやすくなり、下記のサービスを提供していきます。

 宿泊前:フライトや電車など旅行に必要な情報を提供するほか、オンラインチェックイン・チェックアウトや予約確認も可能
 宿泊中:シティガイド、その他のサービス、タクシーの予約やルームサービスの注文など
 宿泊後:ロイヤリティプログラムの管理


この夏には、独立系ホテルを含む予約プラットフォームを提供をアプリ内でも提供していき、アコーホテルズアプリは、旅行系アプリのトップ3を目指していきます。
Accorhotels.comは独立系ホテルにサービスを提供することで、今まで以上に目的地やホテルの選択肢の幅をお客様にご提供することができるようになります。この新規ビジネスと新しいアコーホテルズアプリ誕生により、デジタル環境をより豊かにし、アコーホテルズは、ホテル業界のパイオニアとしての存在を確立していきます。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2020年11月27日号
2020年11月27日号
本体1,650円(税込)
【特集】本誌独自調査 総売上高から見た日本のベスト300ホテル【プロフ…
【トップインタビュー】
ザ・リッツ・カールトン日光 総支配人 細谷真規氏/ ザ・リ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE