ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • レストランオープン情報  日本橋 日本橋×フレンチ Chef’s Table Recenoir シェフズテーブル リセノワール
レストランオープン情報  日本橋 日本橋×フレンチ Chef’s Table Recenoir シェフズテーブル リセノワール

和食材の香りを大事にした 「日本橋フレンチ」

【週刊ホテルレストラン2018年03月09日号】
2018年03月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリーブ牛ゴールドラベル ランプのグリエ  脂が美味な肉は大葉とエシャロットのソースで香り高く味わう。付け合わせの八幡平マッシュルームは、笠の中にたまったエキスをこぼさないようアツアツのまま逆さまに盛り付け、「おいしさ」への気遣いを追求した一皿だ。
オリーブ牛ゴールドラベル ランプのグリエ  脂が美味な肉は大葉とエシャロットのソースで香り高く味わう。付け合わせの八幡平マッシュルームは、笠の中にたまったエキスをこぼさないようアツアツのまま逆さまに盛り付け、「おいしさ」への気遣いを追求した一皿だ。

和食材の香りを大事にした
「日本橋フレンチ」
 

 日本橋駅を出て、昭和通りを一つ入った江戸・もみじ通り沿いにある洞窟のような外観に足が止まる。「伝統ある日本橋の文化にふさわしい『日本橋フレンチ』を創作したいと思っています。大葉や生姜など日本ならではの食材を使ったり、フォアグラをうなぎの蒲焼ではさんだり、フランス料理の基本は守りながらひとひねりした料理を意識しています。特に香りは大切にしています」と竹田シェフ。ランチでは忙しいビジネスマン向けに「30分ディナー」をテーマとして、食卓の楽しさを短時間で味わえる内容を用意。そのおいしさに「ディナーで料理とワインを楽しみたい」という常連さんが増えている。「アロマペアリング」は、アルコールが飲めないお客様にもマリアージュの素晴らしさを伝えたいという思いから生まれたノンアルコール・カクテルだ。おいしい料理と楽しい時間をすごせる温かなおもてなしが心地よい。
 

キッチンと向かい合うカウンターは、シェフの技術や想いが五感で楽しめる。洞窟のような空間に並ぶテーブル席は、非日常的でありながら、温かで家庭的な雰囲気を感じさせてくれる。東京メトロ・日本橋駅から徒歩4分。
キッチンと向かい合うカウンターは、シェフの技術や想いが五感で楽しめる。洞窟のような空間に並ぶテーブル席は、非日常的でありながら、温かで家庭的な雰囲気を感じさせてくれる。東京メトロ・日本橋駅から徒歩4分。
オーナーシェフ 竹田志郎氏
オーナーシェフ 竹田志郎氏

東京都中央区日本橋2-16-3 ブリリアンビル1F Tel.03-6875-0791
https://www.recenoir.jp/
 
営業時間
平日ランチ 11:30〜14:00(ラストオーダー13:30)
土休日ブランチ 11:30〜15:00(ラストオーダー14:00)
ディナー 18:00〜23:00(ラストオーダー22:30)
金曜日のみ 18:00〜24:00(ラストオーダー23:00) 
定休日▶日曜日 ランチ▶1,000円〜
ディナー▶ コース料理5,000円~、
ペアリングドリンク付き10,000円~
ワイン▶ デギスタシオン400円~、グラス800円〜、
ボトル4,800円〜
アラカルト▶パスタ1600円、前菜1,800円、肉料理2,000円~
席数▶22席(カウンター4席) 個室▶なし サービス料▶なし
クレジットカード▶ MASTER、AMEX、JCB、VISA、Diners、DISCOVER、楽天カード
経営▶株式会社Shuhali 開業▶2017年10月17日

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月07日号
2018年12月07日号
本体1,950円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー 】
ヒューリックホテルマネジメント㈱ 取締役総支配人 兼 総料理…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE