ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • HOTERES EYE 青山 GOSU 青山に和とワインをテーマにした「青山 GOSU」オープン
HOTERES EYE 青山 GOSU 

青山に和とワインをテーマにした「青山 GOSU」オープン

【週刊ホテルレストラン2018年03月23日号】
2018年03月23日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GOSU 内観。テーブル、カウンター、個室とさまざまなシーンで利用できる構成になっている
GOSU 内観。テーブル、カウンター、個室とさまざまなシーンで利用できる構成になっている

人気メニューの「とろとろオムレツ」。牛ほほ肉の入った赤ワインソースとのコンビネーションが絶妙な一品
人気メニューの「とろとろオムレツ」。牛ほほ肉の入った赤ワインソースとのコンビネーションが絶妙な一品
鹿児島のA5 福永牛が使われた「ローストビーフの薄造り」。食べる直前に生のホースラディッシュが削りかけられるのがGOSU 流
鹿児島のA5 福永牛が使われた「ローストビーフの薄造り」。食べる直前に生のホースラディッシュが削りかけられるのがGOSU 流

 
 人気レストランプロデューサー、中村悌二氏が新たな自社経営の店舗を開店した。和とワインをテーマにした「 GOSU」だ。本地は同社経営の「キッチンナカムラ」が開業5年目を迎えた昨年、“ よりという街に愛される店” を追求し、装いも新たにリニューアルオープンした。店舗名にもなっている「GOSU」は陶磁器に用いる絵付顔料の“呉須” に由来する。呉須で絵付けされた陶器が中国で生まれ、ヨーロッパの陶芸文化に大きな影響を与えた歴史に、ワインの産地であるヨーロッパと日本のつながりを想起させることから店舗コンセプトを体現する名前として選んだ。当店はスタッフに調理とサービスの両方を担える二刀流プレイヤーをそろえているため、個性的であったり、面白みの料理とワインのマリアージュが提案されることも多々ある。ワインは国産や欧米のものから第三国のものまで多岐にわたりそろえられ、料理は和食の一品料理が基本だが、スパイシーおでんなど“ 新しい和食” も提供されている。今回、統括マネージャーに同社の「銀座KAN」を人気店に育てた江口肇氏が就任した。「GOSU」がどのような人気店に育つかとても楽しみだ。

ワインのラインアップが面白いの一言につきる。産地もさまざまあり、エチケットも個性的なものが多くそろっている
ワインのラインアップが面白いの一言につきる。産地もさまざまあり、エチケットも個性的なものが多くそろっている
こちらも人気メニューの「かわはぎの肝タルタル」。肝にクリームチーズが合わせられており、白ワインによくあう料理に仕上がっている
こちらも人気メニューの「かわはぎの肝タルタル」。肝にクリームチーズが合わせられており、白ワインによくあう料理に仕上がっている
店舗サインには店名にもなっている“呉須”色が使われている
店舗サインには店名にもなっている“呉須”色が使われている
統括マネージャーの江口肇氏(左)とソムリエの篠田敏郎氏(右)。共に同社経営の人気店「銀座KAN」「東山KAN」で活躍したフェアグランドの秀抜なスタッフだ
統括マネージャーの江口肇氏(左)とソムリエの篠田敏郎氏(右)。共に同社経営の人気店「銀座KAN」「東山KAN」で活躍したフェアグランドの秀抜なスタッフだ

DATA
所在地=
東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山B1 階
電話=03・6450・5339
営業時間= 平日18:00 〜24:00(L.O.23:00)、土日祝17:00 〜23:00(L.O. フード22:00、ドリンク22:30)
定休日= 日曜日、祝日
URL:https://ameblo.jp/fg-gosu/
経営= 有限会社フェアグランド
店舗面積=120㎡(厨房35㎡) 席数=50 席 客単価=6500 円
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年04月20日号
2018年04月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション広島 観光資源の宝庫、広島 誘客拡大への…
【トップインタビュー 】
オトカーコレクション シャトー・サンマルタン&スパ ラポジ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE