ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • トップインタビュー  ㈱クラブメッド 代表取締役社長 スチュワート ド ブルゴーニュ 氏、マーケティング本部長 井上忠浩 氏
トップインタビュー  ㈱クラブメッド 代表取締役社長 スチュワート ド ブルゴーニュ 氏、マーケティング本部長 井上忠浩 氏

北海道の四季と多彩なアクティビティー 滞在意義を最大に引き出す、クラブメッドの真骨頂

【週刊ホテルレストラン2018年04月13日号】
2018年04月13日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界24 カ国に約70 カ所のリゾートを展開し、オールインクルーシブバカンスのパイオニアである「クラブメッド」。日本における最新のマウンテンリゾート「クラブメッド・北海道 トマム」が2017 年12 月8 日オープンした。インバウンドを中心にスノーアクティビティーの魅力で好調な冬季シーズンに加え、夏季シーズンも積極的に展開していく予定だ。㈱クラブメッド代表取締役社長のスチュワート ド ブルゴーニュ氏と同社マーケティング本部長の井上忠浩氏に今後の戦略について聞いた。

㈱クラブメッド
代表取締役社長
スチュワート ド ブルゴーニュ 氏
Stuart de Bourgogne

〈Profile〉1997 年トーマス・クックにて営業コンサルタントとしてキャリアをスタート。99年クラブメッド・フランスでイギリス地域スーパーバイザー、2001 年クラブメッド・フランスでヨーロッパバックオフィスマネージャー、03 年同コールセンターマネージャー、08年同コマーシャル・コーディネート・マネージャー、09 年クラブメッド・イギリスでエージェンシー・セールスマネージャー、11 年クラブメッド・南アフリカ代表取締役社長、16 年㈱クラブメッド代表取締役社長に就任、現在に至る。

㈱クラブメッド
マーケティング本部長
井上忠浩 氏

Tadahiro Inoue 〈Profile〉2001 年アコー・アジア・パシフィック入社、08 年ニューサウスウェールズ大学マーケティング学専攻修士課程修了、09 年フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナル日本・韓国地区統括本部長、15 年オーストラリア政府観光局マーケティング部長、16 年㈱クラブメッド マーケティング本部長就任、現在に至る。主な受賞歴として、2005 年オーストラリアホテル協会(マーケティング部門最優秀賞)、10 年世界ホテル・マーケティング・アワード(マーケティング部門最優秀賞)、16 年カンヌライオンズ広告賞(サイバー部門ゴールド、ダイレクト部門、モバイル部門ブロンズを受賞)を受賞。
 
㈱クラブメッド フランス本社= 11, Rue de Cambrai Paris France(日本本社=東京都港区南麻布 3-20-1 Daiwa 麻布テラス6F) http://www.clubmed.co.jp/
 

❒ 国内では、「クラブメッド・北海道 サホロ」に次ぐクラブメッドのマウンテンリゾートとして、2017 年12 月8 日にオープンした「クラブメッド・北海道 トマム」。滞在スタイルやアクティビティーの特徴などは。
 
ブルゴーニュ クラブメッドは1956 年にスイスに初のスキーリゾートをオープンして以来、フランスアルプスを中心にマウンテンリゾートを展開して参りました。現在は世界26 カ所に展開するヨーロッパ最大のマウンテンリゾート数を誇っております。「クラブメッド・北海道 トマム」(以下、トマム)は、日本で2 軒目となるアジア最大級のマウンテンリゾートです。
 
 おかげさまで「クラブメッド・北海道 サホロ」(以下、サホロ)はスキーリゾートとして多くのお客さまに愛され、本年で開業31 年目を迎えました。ここ数年はインバウンドの急増もあってウェイティングが多く出るほどの人気です。さらに、2020 年の東京オリンピックなどを控え、日本は外国人にとって人気のあるリゾート地であること、特に北海道は食材や自然などたくさんの魅力があること、さらに北海道の冬のインバウンドを増加させるという国の方針もあり積極的に次の展開を進めてまいりました。
 
 トマムはサホロの2 倍以上、最大1000 名のお客さまを収容できるリゾートです。立地に関しては、シャンパンスノーと称される雪質のよさ、高低差のあるゲレンデなどスノーアクティビティーとしての魅力のほかに、ホテルから徒歩で行かれる「霧氷テラス」や日本で一番大きなインドアウェイブプール「ミナミナビーチ」といった施設(運営は㈱星野リゾート)が利用できる点も強みだと考えております。
 
 夏季シーズンのローンチに関しては、夏の北海道旅の大きな三つの要素、避暑や美しい環境(きれいな空気など)、自然の観光資源、そして食というニーズに応えるために、いくつかの「マスト トライ エクスペリエンス」を掲げ、クラブメッドのリゾートならではの体験をしていただきます。中でも特徴的なのは、食と「サーカスアカデミー」。まず食は北海道の食材を料理として提供するだけでなく、フレンチピクニックのようにG.O(ジェントル・オーガナイザー。リゾートスタッフ)と一緒にアウトドアで楽しむといった、クラブメッドだからこそできるライフスタイルの提案をいたします。また、「サーカスアカデミー」は某サーカスショーとタイアップし、空中ブランコやジャグリングなどを子供から大人まで楽しめるオリジナルのプログラムです。基本的にはオールインクルーシブで提案いたします。
 
 なお、夏季期間中にサホロのグレードアップ(一部はリノベーション完了)を予定しており、冬季シーズンにはさらに魅力的になってお客さまをお迎えする予定です。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月07日号
2018年12月07日号
本体1,950円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー 】
ヒューリックホテルマネジメント㈱ 取締役総支配人 兼 総料理…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE