ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 日本フードサービス協会  2018年3月の外食産業市場動向  気温上昇、お花見需要などで、売上は前年を上回る
日本フードサービス協会 

2018年3月の外食産業市場動向  気温上昇、お花見需要などで、売上は前年を上回る

【週刊ホテルレストラン2018年05月25日号】
2018年05月25日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 3 月は、土曜日が1 日多い曜日周りに加え、後半に気温が上昇し暖かい日が続いたことから、桜の開花が早まり、土日を中心に客足が伸び、全体の客数は103.0%、全体売上は104.6%と19 カ月連続して前年を上回った。
 
 業態別では、ファーストフード(FF)業態の全体売上は105.7%と前年を上回った。「洋風」は、各社まちまちであったが、ディナータイムに追加料金で定番商品が増量されるキャンペーン等が好調で客単価が上昇、売上は105.2%。「和風」は、引き続き原料高による価格改定等により客単価が上昇し、売上105.2%。「麺類」は、店舗増などで売上102.6%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、気温上昇でお花見需要などが拡大し、売上は102.5%。「その他」は、「アイスクリーム」が携帯会社とのコラボキャンペーンにより、客数が大幅に伸び、売上121.9%となった。
 
 ファミリーレストラン業態は、全体売上は104.2%と前年を上回った。業種別では、「洋風」は、引き続き店舗限定の特別メニューや高付加価値メニューが好評で客単価が上昇し、売上102.7%。「和風」は、お花見需要などで売上101.0%。「中華」は、キャンペーンが奏功して客数が増え、店舗増と相まって売上は106.5%。「焼き肉」は春休みのファミリー需要などをとらえて引き続き好調、売上111.4%と16 カ月連続して前年を上回った。
 
 パブ・居酒屋業態は、飲酒業態は、年度末の送別会やお花見等の需要をとらえて、後半おおむね好調に推移したが、店舗数減の影響で売上は前年を下回り98.0%。「パブ・ビアホール」は、ほぼ前年並みで、売上は99.9%。「居酒屋」は、引き続き店舗減少の影響が大きく、売上は97.5%。
 
 ディナーレストラン業態は、送別会やお花見需要などで客数が伸び、売上は堅調に推移して104.6%となった。
 
 喫茶業態は季節感のあるドリンクやスイーツなどの新メニューで客単価が上昇し、売上は102.4%となった。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年10月19日号
2018年10月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】バスアメニティの新たな潮流
【トップインタビュー 】
ラッフルズ シンガポール 総支配人 クリスチャン・ウエストベ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE