ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2018年6月1日号 特集  【本誌独自調査】全国ホテルオープン情報
2018年6月1日号 

特集  【本誌独自調査】全国ホテルオープン情報

【週刊ホテルレストラン2018年06月01日号】
2018年06月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

748軒、10万9027室のホテル計画を確認。前回比32軒増、2812室増。
この半年間(2017 年12 月2 日~2018 年6 月1日)で開業したホテル179軒
計画がなくなった(調整含む)ホテル13軒 新たに計画が浮上したホテル170軒

一日約50 万人が通行すると言われる、渋谷のスクランブル交差点。いまやその光景を撮影に訪れるなど、世界的メジャータウンになっている。東急グループの本拠地でもある渋谷に、9 月誕生する複合施設「渋谷ストリーム」。同13日に開業する「渋谷ストリームエクセルホテル東急」は、「渋谷から世界へ感性を刺激するホテル ~ THE SHIBUYASENSIBILITY ~」をコンセプトに、どのようなホテル価値を高めていくのか注目されている

 

3 年前から、日本国内における新規ホテル案件は増加中だが、ここに来て軒数としてはやや横ばいとなり、「ホテル」のカテゴリーにおいては落ちつきの感がみられる。半面、各社のホテルのブランド数の複雑化はますます進行している。カプセル業態とのコラボ、ホステルと個室(ホテル)の組み合わせ型、連泊を想定した旅館構えなどなど…多様なターゲット層をシーン別、カテゴリーごとにしっかりと取り込みたいという意図が感じられる。言うまでもなく、日本のホテルは明確なブランディングはできていない。もっとも価格帯で区別していただけでは、ブランド化とは言い難い。多様な宿泊可能な施設が増加する中、ホテルに泊まるということの真の価値が問われていく。
 
----
本記事は特集の紹介記事です。
本誌では「新・増設ホテル計画確認軒数の推移」「地区別のホテル新・増設計画増減の内訳(ホテル軒数)」「客室規模別のホテル新・増設計画」「2018年6月2日以降の都市別ホテル計画」「計画が消えたホテル」「オープンしたホテル」「ホテル企業・チェーン別プロジェクト一覧」および「ホテル新・増設一覧」「ホテルの施設数および客室数の年次推移」について分析とともに79ページの大型特集として掲載しています。
 
HOTERES 2018年6月1日号はこちらでお買い求めいただけます。
 
電子版(ブラウザ閲覧型PDF)購入はこちら
 
----
 
▪掲載ルール
基本的には40室以上で「ホテル」申請の新築案件を掲載。一部、オーベルジュ、ペット同伴型、などは未満でも対象。個室タイプを有する簡易宿泊業など「ホテル」と競合になり得る案件も一部対象。別の業態からホテルへのリノベーション案件は【コンバージョン】、旅館や単価カテゴリーの異なる宿泊業からホテルへのリノベーション案件は[リブランド]と表記している。
 
----
(本誌より抜粋)
訪問者と地域をつなぐ、トラベルハブ化
 
 6 月、12 月の年2 回実施している本誌独自調査「全国ホテルオープン情報」の最新データがまとまった。
 
 今回の調査は2017 年12 月2 日から18 年6 月1 日までに把握・確認されたホテル開業計画を対象とし、とりまとめたものだ。ただし、実際には発行日の3 週間前に印刷という制作都合上、実際には5 月上旬の収集情報までの反映掲載となることはご理解いただきたい。
 
 さて、開発軒数は748 軒となった。また客室数は前回より約3000 室増の10万9027 室となった。こうした開発増と呼応するかのように、インバウンド(訪日外国人)数もまた順調に増加している。5月17 日に発表されたJNTO のデータによると、18 年の1 ~ 4 月までの累計は1051 万9000 人と過去最速で1000 万人を超えた。また4 月単体で見ても前年同月比12.5%増の290 万1000 人で、単月としても過去最高を記録したという。近年4 月は「観桜」目的のインバウンドが日本列島を縦断しているが、その数は年々増加。日本人にとっては年度初めの同月は、旅行需要が落ち込みがちと思えば大変ありがたい傾向である。
 
----
 
TABLE OF CONTENTS
❍ 地区別のホテル新・増設計画増減の内訳
❍ この6 カ月(2017 年12 月2 日~ 6 月1 日)で開業したホテル
❍ ホテル企業・チェーン別プロジェクト一覧
❍ 地区別・都市別ホテル新・増設一覧
❍ ホテルの施設数および客室数の年次

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月09日号
2018年11月09日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー 】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE