ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2018年6月15日号 特集 朝食で選ばれるホテルになる
2018年6月15日号 

特集 朝食で選ばれるホテルになる

【週刊ホテルレストラン2018年06月15日号】
2018年06月15日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

付加価値が求められる時代に浮上する朝食の価値
朝食は費用対効果の高い差別化要素である
 
 ホテルの朝食はただ滞在経験を向上させ、ゲストの満足度の向上につながるだけでなく、ホテルの朝食がきっかけとなって宿泊のゲストが増える要因ともなる。供給があふれ市場での競争が激化する中、実は朝食は金額的な投資額は少なく、ホテルの収益に大きく影響をする協力な武器なのである。
 
 ホテルにおける朝食の位置づけはそのホテルの持つブランドやターゲットとするセグメントなどによって異なるであろうが、朝食への取り組み方次第ではホテルの印象を下げることにもなるし、逆にホテルの収益や顧客満足度を向上させる有益な手段となるのだ。

全国174ホテル186レストランの朝食情報を紹介
 
本特集では各ホテルに対して朝食に関するアンケートを行ない、全国の174 ホテルより、ホテルや地域の特性を生かした186 レストランの朝食情報を提供いただいた。カラーページでは34ページにわたり全国(北海道・東北・北関東・東京・南関東・北陸/甲信越・東海・近畿・中四国・九州・沖縄)の174ホテル186レストランの「朝食提供レストラン名」「朝食運営形態」「朝食形態」「朝食営業時間」「朝食金額(税・サ込み)」「朝食喫食率」「朝食PRポイント」を掲載。合わせて朝食アンケート調査結果のデータと共に、朝食における効果的施策の事例を複数紹介する。
 
----
本記事は2018年6月15日号特集の紹介記事です。
ご興味・関心をお持ちの方はぜひは本誌をお買い求めください。
 
HOTERES 2018年6月15日号はこちらでお買い求めいただけます。
https://www.hoteresonline.com/hoteres/application/input/78
 
電子版(ブラウザ閲覧型PDF)購入はこちら
https://sci.hitsdb.net/hb/user
 
----

contents
■ 本誌独自調査 全国ホテル朝食データベース
■ 総論
■ 各ホテルの朝食への取り組み 全国ホテル朝食アンケート調査 分析レポート
■ 事例紹介 金沢 彩の庭 ホテル/㈱ベッセルホテル開発/ホテルクラビーサッポロ/UNWIND HOTEL

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月09日号
2018年11月09日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー 】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE