ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • トップインタビュー  グローヴエンターテイメント株式会社 代表取締役/プロデューサー 佐藤 望 氏 アボーヴ株式会社 代表取締役社長 清水 公範 氏 幸せな花嫁と婚礼実施率の増加を目指し ブライダル業界を牽引
トップインタビュー  グローヴエンターテイメント株式会社 代表取締役/プロデューサー 佐藤 望 氏 アボーヴ株式会社 代表取締役社長 清水 公範 氏 

幸せな花嫁と婚礼実施率の増加を目指し ブライダル業界を牽引

【週刊ホテルレストラン2018年11月23日号】
2018年11月23日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グローヴエンターテイメント株式会社 代表取締役/プロデューサー 佐藤 望 氏
グローヴエンターテイメント株式会社 代表取締役/プロデューサー 佐藤 望 氏
アボーヴ株式会社 代表取締役社長 清水 公範 氏
アボーヴ株式会社 代表取締役社長 清水 公範 氏

レストラン&ハウスウェディングを全国展開するグローヴエンターテイメント株式会社(以下GE)が今春、ホテル婚礼受託専門会社のアボーヴ株式会社を立ち上げた。同社は3 年前より既にGE の1事業部としてホテル婚礼受託事業を実施し、現在5 ホテルのブライダル事業を運営受託している。ブライダル業界が厳しいとされる中、このタイミングで分社化を決断した背景について話を伺った。

■まずは、親会社であるGE の会社概要および事業展開についてお聞かせください。
 
佐藤 私たちは、札幌、函館、秋田、盛岡をはじめ、全国で結婚式場を運営・プロデュースしております。今や減少傾向にある「婚礼実施率」のアップを目指すため、実施率の少ない地域に出店し、潜在顧客を掘り起こして、良い結婚式を提供することを目的としております。起業のきっかけは、シェフと2 人で始めたレストラン業でしたが、そのうち、婚礼をやりたいというお客様のご要望が増えたため、それにお応えする形で、徐々に婚礼にシフトしていくようになりました。当初は、私たちもブライダルに対するノウハウがなく外注に頼っていましたが、納得のいくものにならなかったため、「それなら自分たちでやろう」と考え、少しずつ技術職者のスタッフを増やしていきました。弊社の社員は、集客コンサルや衣裳事業といった結婚式の間接支援を行うスタッフ、ウエディングプランナーやフローリストなどの直接支援を行うスタッフで構成され、現在は合わせて180 名が在籍しております。彼らはいずれも技術職者で、Iターン、U ターン組が中心ですね。都市部で腕を磨き経験を重ねてきた彼らの技術は、弊社の成功にとって必要不可欠でしたので、いい人材がいれば積極的に雇用しております。彼らの素晴らしい働きもあり、おかげさまで、今年で18 期目を迎え、現在は9 エリア12 施設を経営しております。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE