ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • レポート  改正健康増進法と宿泊施設のこれからについて考える
レポート 

改正健康増進法と宿泊施設のこれからについて考える

【週刊ホテルレストラン2018年12月21日号】
2018年12月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020 年の東京五輪およびパラリンピック、さらにその後に予定されるIR 施設の建設など訪日外国人観光客の増加が見込まれる今、それに合わせてホテルの建設ラッシュが続いている。そんな中、本年は二つの大きな受動喫煙防止に関する規制が制定された。一つは厚生労働省が推進した改正健康増進法、一つは東京都による受動喫煙防止条例である。喫煙環境にかかわる“お客さまのニーズと法律・条令“の両面に宿泊施設はどのように応え得るのか?

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE