ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 文殊リサーチワークス  Tourism and Bridal Market Data 観光・ブライダルマーケットエリアデータファイル《豊田市編》
文殊リサーチワークス  Tourism and Bridal Market Data

観光・ブライダルマーケットエリアデータファイル《豊田市編》

【週刊ホテルレストラン2019年06月14日号】
2019年06月14日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 今回取り上げるのは愛知県の第2 の都市、豊田市。トヨタ自動車の企業城下町として栄えた経緯があり、市内は製造業が盛んである。そのため、愛知県の業務核都市を形成している。以下に豊田市と愛知県東部のマーケットポテンシャルと共に愛知野県の観光マーケットを見ていこう。名古屋市や愛知県のマクロマーケットについては5 月2 週号を参照していただきたい。
 

文殊リサーチワークス
http://monju-rw.com
 
 

1.マーケットポテンシャル
 
 豊田市は愛知県の北部中部に位置しており、市北部は岐阜県に面している。参考までに豊田市の都市勢圏は岡崎市、瀬戸市、刈谷市、安城市などの人口10 万人以上の都市を内包する8 市2 町(豊田市を含む)から形成されている。勢圏内の豊田市への就業・通学流入率を見ると、みよし市が27.9%、東郷町が10.6%、知立市が10.2%となっており、業務核都市である豊田市への流入が見られる。豊田市の自市内就業率は75.4%。
 
 豊田市の商業ポテンシャルを見ると商業拠点性指数(※ 1)は0.83 で消費が周辺に流出している状況にある。市内の大型SC を見ると県内最大のSC「T-FACE( 店舗面積3 万3360㎡)」や、「イオンスタイル豊田(2 万3630㎡)」、「グリーンシティ(1 万4688㎡)」、「メグリア本店(1 万3310㎡)」などが位置している。5 万㎡を超える大型施設は見られない。周辺都市には大型施設が位置し、名古屋市内にも都市型商業集積があるため、商業的な求心力は限定されると考えられる。
 
 豊田市の人口は40 万9105 人(2017年3 月末人口)で、愛知県内の人口シェア5.6%で名古屋市(220 万6437人、30.2%)に次いで県内2 位の都市なっているが、名古屋市と比較するとそのシェアは大きく離れている。その他の県東部の主要都市をみると岡崎市が37 万4947 人、豊橋市が36 万3280 人で、これらの都市は豊田市と並ぶ県内シェア5%以上の都市となっている。以降は豊川市が10 万564 人、安城市が18 万529 人、西尾市16 万3,842 人と続いている。豊田市周辺は人口ポテンシャルが拮抗していると言えるだろう。
 
 増加率(17 年/12 年)をみると、豊田市は0.0%の横ばいとなった。その他県東部主要都市を見ると長久手市が11.5%で最も高い増加率となっており、次いで日進市が5.3%、みよし市が3.2%、刈谷市が2.6%で続いている。これらの都市は名古屋市と豊田市の中間に位置している。減少している都市は新庄市が▲ 5.6%で最も高い程度で、他の都市は微減程度となっている。
 
 豊田市の年齢構造を見ると若年人口比率は19.9%、適齢期人口比率は26.2%となり、若年人口比率、適齢期人口比率共に全国値(18.0%、25.1%)を上回っていることが分かる。その他の県東部の主要都市をみると若年人口比率はみよし市が24.2%で最も高く、次いで長久手市が23.6%、日進市が22.5%、安城市が21.7%で続くなど20%以上の都市が多くなっており、県東部には若いマーケットが存在していることが分かる。適齢期人口比率も全般的に全国値を上回っており、長久手市が33.4%、刈谷市が320%、知立市が30.7%で30%以上と高い値になっている。高齢者人口比率も全国値を下回っている都市が多く、全般的に人口ポテンシャルが高くなっている。
 
 将来推計人口をみると豊田市は2030年頃まで2010 年人口を維持すると推計され、将来的にも概ね人口規模を維持できると見られる。その他の県東部主要都市を見ると、約半数の都市が2025 年以降も2010 年ベースを維持するとみられている。特に安城市や日進市、みよし市、長久手市は今後も人口増加が期待できる稀有な都市である。減少する都市においても人口減少のペースは比較的緩やかであることが分かる。将来的にも豊田市は40 万人規模を維持し、名古屋市に次ぐ県内第2 位の人口ポテンシャルを維持できるだろう。
 
 豊田市の婚姻件数(2016 年)をみると2544 件で、シェアは6.3%と人口シェアよりも高いことから周辺の婚姻マーケットを吸引していると思われる。婚姻率をみると豊田市は6.23 件で全国平均(4.93 件)、県平均(5.57 件)を上回っている。その他の県東部主要都市をみると知立市が7.42 件、刈谷市が7.34 件で全国値を大きく上回っている。その他でも長久手市・日進市が6.09 件、岡崎市が6.08 件、みよし市が6.06 件、安城市が6.02 件と全国平均を大きく上回っている都市が多く見られ、ブライダルマーケット的にも有望なエリアと言える。
 
----
※観光・ブライダルマーケット、「愛知県東部主要都市の人口マーケットトレンド」「愛知県東部主要都市の年齢構成」「愛知県東部主要都市の将来推計人口」「愛知県東部主要都市の婚姻マーケットトレンド」「愛知県内の観光レクリェーション利用者数トレンド」「地域別観光客数」「愛知県の観光カテゴリー別利用者構成比」「愛知県への訪日外国人の国籍」「訪日外国人の愛知県観光で楽しみにしていること」「訪日外国人の訪れた県内観光地上位10箇所」など、解説、図表など詳細なデータにつきましては本誌ご購入、または電子版有料版にご登録いただけますよう、お願い申し上げます。

 
2019年6月14日号ご注文フォームはこちら
https://ec.hoteresonline.com/products/list.php?category_id=7
 
電子版(ブラウザ版PDF)購入はこちら
https://sci.hitsdb.net/hb/user
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月13日号
2019年09月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】バリアフリー化は国際化が進む中でもはや必須 ホテルリノベー…
【トップインタビュー】
伊勢志摩リゾートマネジメント(株) 代表取締役社長 雀部 優氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE