ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2019年11月15日号 ひらまつ杯2019 ボキューズ・ドール2021日本代表選考会 決勝開催
ひらまつ杯2019 ボキューズ・ドール2021日本代表選考会 決勝開催

「美食のワールドカップ」出場を賭け新進気鋭のシェフ6人が技と美味で激突

【週刊ホテルレストラン2019年11月15日号】
2019年11月14日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6 人の決勝出場選手。左から、米田氏、戸枝氏、石井氏、兵頭氏、杉本氏、土谷氏
6 人の決勝出場選手。左から、米田氏、戸枝氏、石井氏、兵頭氏、杉本氏、土谷氏

“料理人にとって最も栄誉あるコンクール” の一つとして、世界のトップシェフたちがフランス料理の技と美味を競い合う「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」。その2021 年度本戦に向け、10月14日、大阪・阿倍野の辻調理師専門学校で日本代表選考会が行なわれた。ここでは、大会の概要と、激戦を制したシェフの本戦への意気込みなどをレポートする。

 2年に一度仏、リヨンで開催される「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」。毎回、世界各国から選出された気鋭のシェフたちが生み出すメニューには、技術と創造力、アイデンティティーが凝縮され、仏料理の新たな可能性が生まれる。まさに「美食のワールドカップ」だ。これに先立ち8 月、日本では東西2 回に分けて準決勝が行なわれ、書類審査を通過した選手たちが「マイクロハーブ((株)村上農園提供)」を課題食材に「野菜と魚介のガトー仕立て」を作成。激闘の結果、「オテル・グレージュ」兵頭賢馬氏、「京都ホテルオークラ」土谷真敬氏、「レストラン ラ・フィネス」杉本敬三氏、「レストラン モノリス」石井剛氏の4 人が決勝への切符を手にした。さらに前大会からのシードとして「Restaurant TOEDA」戸枝忠孝氏、「リーガロイヤルホテル小倉」米田武史氏を加えた6 人で決勝が争われることとなった。

週刊ホテルレストラン最新号
2020年02月21日号
2020年02月21日号
本体1,650円(税込)
【特集】数字が語るIR

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE