ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ANAインターコンチネンタル石垣リゾート敷地内に 新館3棟を7月7日開業
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート敷地内に 新館3棟を7月7日開業

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 敷地内に 「クラブインターコンチネンタル」1 棟 と「ベイウィング」2 棟を7月7日開業

2020年08月04日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ANA インターコンチネンタル石垣リゾート全景 イメージ


クラブラウンジ イメージ

 IHG・ANA・ホテルズグループジャパン(本社・東京都港区、ハンス・ハイリガーズ最高経営責任者 CEO)は 7 月 7 日、沖縄県石垣市の ANA インターコンチネンタル石垣リゾートの敷地内に、新たに「クラブインターコンチネンタル」1 棟と、「ベイウィング」2 棟を開業した。これにより、客室はこれまでの 255 室からほぼ 2 倍の 458 室に。総面積 31ha の広大な敷地に五つの棟、九つの料飲施設、四つの宴会・会議施設、四つのプール(屋内外)などを有する国内屈指のラグジュアリーリゾートへと生まれ変わった。進化したラグジュアリーの象徴となるのが、国内初となる1 棟すべてが「クラブインターコンチネンタル」カテゴリーの新ウィングで、5 タイプ 86 室の客室のほか、専用のラウンジやプールを併設し、専属スタッフがきめ細やかでパーソナルなサービスを提供する。
 また、新館「ベイウィング」1 階には、“ 塩 ” をコンセプトに、大地の恵(LAND)と海の幸(SEA)をフィーチャーしたメインダイニング「SALTIDA(サルティーダ)」が誕生。2 階にはデリ&カフェやショップ、リゾートセンターなどを備える「パレットテラスラウンジ」もオープン。数々の受賞歴を持つ柴野大造氏が監修するオリジナルジェラートも販売する。


クラブインターコンチネ ンタル棟の客室 イメージ


ベイウィング棟のレストラン 「SALTIDA」 イメージ

週刊ホテルレストラン最新号
2020年09月25日号
2020年09月25日号
本体1,650円(税込)
【特集】感染予防で広がる非接触型サービス
【トップインタビュー】
(株)東武ホテルマネジメント 代表取締役社長 小檜山 隆氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE