ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ニュー・オータニ カーボンニュートラル都市ガスの供給開始 ホテル業界初、5年間で約3万 5000t の CO2削減へ
ニュー・オータニ カーボンニュートラル都市ガスの供給開始 ホテル業界初、5年間で約3万 5000t の CO2削減へ

ニュー・オータニ カーボンニュートラル都市ガスの供給開始 ホテル業界初、5年間で約3万 5000t の CO2削減へ

2020年10月21日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (株)ニュー・オータニ(本社・東京都千代田区)と東京ガス(株)(本社・東京都港区)は、カーボンニュートラル都市ガスの供給に関する基本合意書を締結し、ホテル業界初の取り組みとして10 月1 日からホテルニューオータニ(東京都千代田区)のガスコージェネレーションシステム(以下「CGS」)で使用する都市ガスを、カーボンニュートラル都市ガスに切り替えた。供給量は250万m3 / 年。契約期間は2025 年9 月末までの5 年間で、約3 万5000t のCO2削減を実現する見込み。

 なお、カーボンニュートラル都市ガスは、東京ガスがシェルグループ(以下シェル)から購入したカーボンニュートラルLNG(CNL)を活用するもので、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生する温室効果ガスがシェルの保有するCO2 クレジットで相殺(カーボン・オフセット)されている。

ホテルニューオータニのガスタービン発電装置
ホテルニューオータニのガスタービン発電装置

週刊ホテルレストラン最新号
2020年11月27日号
2020年11月27日号
本体1,650円(税込)
【特集】本誌独自調査 総売上高から見た日本のベスト300ホテル【プロフ…
【トップインタビュー】
ザ・リッツ・カールトン日光 総支配人 細谷真規氏/ ザ・リ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE