ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年5月6-13日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考
2022年5月6-13日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考

第488回 新たな戦略、宿泊施設のSDG’s対応について(6)

【週刊ホテルレストラン2022年05月13日号】
2022年05月12日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回まで、米国 GSTCより基準承認を受けた弊会の宿泊施設向け ESG認証基準の必須項目と、加点項目中の「取り組むことが望ましい項目」の一部までご紹介いたしました。ESGとはそもそも、2015年ニューヨーク国連本部で提案された概念であり、2030年までに達成を目指す国際目標であり、以下の17項目から構成されています。

1.貧困をなくそう。
2.飢餓をゼロにしよう。
3.すべての人に健康と福祉を。
4.質の高い教育をみんなに。
5.ジェンダー平等を実現しよう。
6.安全なトイレと水を世界中に。
7.エネルギーをみんなに。そしてクリーンに。
8.働きがいも経済成長も。
9.産業と技術革新の基盤をつくろう。
10.人や国の不平等をなくそう。
11.住み続けられるまちづくりを。
12.つくる責任、つかう責任。
13.気候変動に具体的な対策を。
14.海の豊かさを守ろう。
15.陸の豊かさも守ろう。
16.平和と公正をすべての人に。
17.パートナーシップで目標を達成しよう。

 

北村剛史 
(株)日本ホテルアプレイザル 代表取締役/(株)サクラクオリティマネジメント 代表取締役/(一社)観光品質認証協会 統括理事不動産鑑定士、MAI(米国不動産鑑定士)、FRICS(英国ロイヤル・チャータード・サベイヤーズ協会フェロー)、CRE(米国不動産カウンセラー)

ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である(株)日本ホテルアプレイザルの代表取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科在籍時には「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究。

無料提供中:【サクラクオリティ安全行動基準】(新型コロナウイルス感染症予防止よび防止防止衛生管理実践マニュアル)
https://www.sakuraquality.com/
 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年05月20日号
2022年05月20日号
本体1,650円(税込)
【特集】afterコロナを見据えた、洗浄業務の効率化を考える
【トップインタビュー】
(株)ローズホテルズ・インターナショナル 代表取締役社長 …

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE