ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕の「世界のリーディングホテル」 VOL 111 フォーシーズンズ ホテル ジョルジュ サンク Four Seasons Hotel George V, Paris
VOL111 小原康裕の「世界のリーディングホテル」

VOL 111 フォーシーズンズ ホテル ジョルジュ サンク Four Seasons Hotel George V, Paris

【週刊ホテルレストラン2016年01月08日号】
2016年01月06日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Four Seasons Hotel George V, Paris」の正面エントランス
「Four Seasons Hotel George V, Paris」の正面エントランス

パリのエスプリを感じさせる気品あるエントランスホール。フラワーディスプレイは毎週テーマが決められ、その予算はなんと年間1 億円といわれる
パリのエスプリを感じさせる気品あるエントランスホール。フラワーディスプレイは毎週テーマが決められ、その予算はなんと年間1 億円といわれる

威厳さえ感じさせる雰囲気の漂うコンシェルジュデスク
威厳さえ感じさせる雰囲気の漂うコンシェルジュデスク

  パリの数あるホテルの中で揺るぎない王道を行くホテルが「Four Seasons Hotel George V, Paris」である。パリのエレガンスを象徴しているかのようなホテルだが、ネーミングは英国王“ ジョージ5 世” であり、建物を建てたのはアメリカ人という変わり種。しかし完成後はフランス人のフランソワ・デュプレーが買収し、あらゆる情熱を注いで最もフランス的なホテルに育て上げた。館内がノーブルな雰囲気に包まれているのは、至る所に配置された美術品のためで、第一級の絵画、タペストリーなどを鑑賞できる。ジョルジュサンクは美術館そのものであり、この空間にさりげなく接するぜいたくは、また格別のものと言えよう。
 
 前身は1928 年に完成した8 階建ての美しいアールデコ様式のホテル「George V」で、歴史的建造物に指定されている。1999 年にフォーシーズンズの傘下に入り、3年間に及ぶ全面改装を経てリニューアルオープンした。修復された18 世紀のタペストリーや華麗なアートコレクション、ホテル内を鮮やかに彩るフラワーアレンジメントなどがパリのエスプリを感じさせる上品な雰囲気を演出している。なお、ジョルジュサンクは2011 年9 月にフランス全体で9 番目のホテルとして「PALACE」に認定された。

ピアノの生演奏が入りぜいたくな時間が流れる「La Galerie」
ピアノの生演奏が入りぜいたくな時間が流れる「La Galerie」

正統派の英国スタイルを貫く重厚なメインバー「Le Bar」
正統派の英国スタイルを貫く重厚なメインバー「Le Bar」

週刊ホテルレストラン最新号
2019年09月13日号
2019年09月13日号
本体1,600円(税込)
【特集】バリアフリー化は国際化が進む中でもはや必須 ホテルリノベー…
【トップインタビュー】
伊勢志摩リゾートマネジメント(株) 代表取締役社長 雀部 優氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE