ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手  021 商品の価値/価格を高める不断の実践
021 岡村衡一郎  サービス・イノベーション48手 

021 商品の価値/価格を高める不断の実践

【週刊ホテルレストラン2016年11月11日号】
2016年11月11日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のポイント
価値の質差をつくり、次のステージへシフトを図るという視点
磨くべき商品を決めて取り組んでいますか?

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)
1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

 
 商品とはなんだろうか。相手に役立つもの、自分たちの仕事の結晶、お客さまに価値を届ける手段などさまざまな定義ができるだろう。私は商品とは相手の欲求を満たす価値に価格がついたものと定義している。当然、価格がついていないものは商品ではない。1 個3 万円のサプリメントは売れないと考えられるが、仮に一日のカロリーが摂取でき空腹を満たせるなら買う人が出てくるかもしれない。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE