ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 小原康裕の「世界のリーディングホテル」VOL148 セント パンクラス・ルネッサンス ホテル
VOL147 小原康裕の「世界のリーディングホテル」

VOL148 セント パンクラス・ルネッサンス ホテル

【週刊ホテルレストラン2017年08月11日号】
2017年08月27日(日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィクトリアン・ゴシック様式の壮麗な建築美のセント パンクラス駅。教会や大聖堂を中心に手掛けた英国建築界の大御所ジョージ・ギルバート・スコット卿によりミッドランド鉄道のターミナル駅として1868年に開業した。
ヴィクトリアン・ゴシック様式の壮麗な建築美のセント パンクラス駅。教会や大聖堂を中心に手掛けた英国建築界の大御所ジョージ・ギルバート・スコット卿によりミッドランド鉄道のターミナル駅として1868年に開業した。

ヴィクトリアン・ゴシック様式の壮麗な建築美のセント パンクラス駅。教会や大聖堂を中心に手掛けた英国建築界の大御所ジョージ・ギルバート・スコット卿によりミッドランド鉄道のターミナル駅として1868年に開業した。1876年にステーションホテルとして「The Midland Grand Hotel」が開業し、セント パンクラス駅の黄金時代を迎える。しかし、華麗であまりにもロマンティックな建築は、1936年にはすでに、時代の要求に合わないものとして閉館されてしまう。ホテルはクローズした後、鉄道関連のオフィスとして使用されていたが、何度も買収・改装案が出ては、あまりの巨額なコストに話はすべて立ち消えとなり、やがて廃墟のような姿になって行く。

夜間、ライトアップされて浮かび上がった「St. Pancras Renaissance Hotel」の全景。
夜間、ライトアップされて浮かび上がった「St. Pancras Renaissance Hotel」の全景。

1876年にステーションホテル「The Midland Grand Hotel」として開業した。
1876年にステーションホテル「The Midland Grand Hotel」として開業した。

セント パンクラスの正面エントランス車寄せ。
セント パンクラスの正面エントランス車寄せ。

かつてビクトリア朝の上流社会の人々が馬車から降り立ったエントランスホールは、ロビーラウンジ「Hansom Lounge」となりアフタヌーンティーを楽しむゲストで賑わっている。
かつてビクトリア朝の上流社会の人々が馬車から降り立ったエントランスホールは、ロビーラウンジ「Hansom Lounge」となりアフタヌーンティーを楽しむゲストで賑わっている。

コンシュルジュデスクと筆者。
コンシュルジュデスクと筆者。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE