ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • SoZo ㈱ あつみゆりか  経営者必読! ブライダル自社集客への道  第5回 誤解だらけのブライダルのマーケティング
第5回 SoZo ㈱ あつみゆりか  経営者必読! ブライダル自社集客への道 

第5回 誤解だらけのブライダルのマーケティング

【週刊ホテルレストラン2018年05月18日号】
2018年05月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブライダル自社集客への道」。前回はリピートしないブライダル業界においてのリピートを増加させる仕掛けについてお話ししました。今回は「マーケティング」について。実はこの分野、マーケティングのスペシャリストであってもなかなか難しい特殊な事情が多々あります。そんなことから多くの企業で優先順位や手法をまちがえている。今回はそんな誤解に迫っていきたいと思います。

SoZo ㈱ 代表
あつみゆりか
〈プロフィール〉マイナビウエディング初代編集長。2 年で就任時の総来館予約数の5 倍へ育成。2015 年末に退社し、SoZo ㈱を起業。日本初のブライダルWEB担当者「ウエディングWEB プランナー®」を育成する「集客創造スクール ウエディングWEBカレッジ」を創設。現在、東京校・大阪校にて第3 期生を募集中

【誤解①】媒体のレポートよりも自社のホームページの数字から解析する!
 
 自社集客を考え始めたときに、経営層が多く支持してしまうまちがいがこちらです。花嫁は基本ほとんどが初心者、ということを考えたとき、ホームページを訪れる時点ですでに何かしら自社の認知きっかけを得ているということになります。よって自社ホームページの数字だけでは何をきっかけにホームページを見たいと感じたか、それは競合とどんな差があるのかなどを冷静に分析する必要があります。エリア比が出るWEB 媒体のレポートなら自社ではわからなかったマーケット全体の流れがわかるようになります。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE