ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • あつみゆりか  経営者必読! ブライダル自社集客への道 第6回  ターゲット設定で集客アップする写真訴求
第6回 あつみゆりか  経営者必読! ブライダル自社集客への道 

第6回  ターゲット設定で集客アップする写真訴求

【週刊ホテルレストラン2018年06月15日号】
2018年06月15日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブライダル自社集客への道」。前回は自社集客についてよくある誤解についてのお話ししました。今回は自社集客と向き合う時に必ず必要になる写真のお話です。以前の連載でも今は300 枚程度の写真が必要になるというお話ししました。では具体的に300 枚って一体どんな写真なのか、について今回はお話しします。

SoZo ㈱ 代表
あつみゆりか
〈プロフィール〉マイナビウエディング初代編集長。2 年で就任時の総来館予約数の5 倍へ育成。2015 年末に退社し、SoZo ㈱を起業。日本初のブライダルWEB担当者「ウエディングWEB プランナー®」を育成する「集客創造スクール ウエディングWEBカレッジ」を創設。現在、東京校・大阪校にて第3 期生を募集中。

 
自社が獲得できているクラスタ+もっと獲得できる
クラスタ対策を
 
 まずゼクシィが定義する8 つのクラスタ。このクラスタは昨年あたりから非常にマーケットをとらえているとコンサルティング案件を通して感じています。ゼクシィnet に掲載をしていれば自社にどんなクラスタが流入しているのか、皆さんもすでに把握されていることでしょう。当然ですが、現在勝っているクラスタに対しての写真力の分析は非常に重要です。いくらステキな施設を持っていても、お客さまはその施設を来館前に目にすることはできません。ですからそのポテンシャルを最大限に訴求できる写真力は施設力以上に重要であり、来館数に影響を及ぼしています。まずは現在の写真で獲得できている層を自社集客の長所、つまり変えてはいけない要素として把握しましょう。
 
 そして集客を伸ばしたいと思ったときにはもっと伸ばせるクラスタがカギを握ります。集客アップを目指して新たに写真撮影をするのであれば施設力が似ていて集客が勝っている施設をまずはお手本にすることが重要でしょう。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月09日号
2018年11月09日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー 】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE