ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【Japanese / English】 GONZOの日本酒SHOW 第12 回 日本酒と料理のマリアージュ❷  The Marriage of Sake and Food ②
第12 回 【Japanese / English】 GONZOの日本酒SHOW 

第12 回 日本酒と料理のマリアージュ❷  The Marriage of Sake and Food ②

【週刊ホテルレストラン2018年08月24日号】
2018年08月24日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店は数あれど、これほどマニアックでおいしい日本酒を数多く提供しているところはないと称される、白金高輪のダイニングバー「GONZO」。そんなGONZO のマスター浅井剛一氏が、日本酒の歴史と文化の話を交えつつ、ホテル・レストランでの提供方法までご紹介していきます。
 
Go beyond preconceived notions and explore new possibilities.
There are many restaurants, but there are none which provide such delicious and numerous kinds of sake, which can please enthusiasts, as the dining bar "GONZO" in Shirokane-takanawa. Mr. Gouichi Asai, the master of GONZO, will talk about the history and culture of sake, and introduce how to provide sake at hotels and restaurants.

浅井 剛一(あさい・ごういち)
1977 年東京生まれ。2004 年10 月、日本酒に合う肴、料理に合う酒をテーマとして白金高輪にGONZO をオープン。2006 年に唎酒師取得。
GONZO 東京都港区三田5-21-7
℡ 03-3449-5500
 
Goichi Asai
Born in Tokyo in 1977. In October 2004,
GONZO was opened in Shirokane Takanawa, a theme for Sake marriage dishes, acquired sake taster in 2006.
GONZO 21-7, Mita 5, Minato-ku, Tokyo 
℡ 03-3449-5500

無限の掛け合わせ
 
Endless Combinations
 
 日本酒と料理のマリアージュ、この言葉には2種類の意味があると思っています。一つは、「料理を引き立たせるためのお酒」。もう一つは、「料理とお酒が主役になるお酒」です。
 
「料理を引き立たせるためのお酒」というのは、まず料理を食べた時に「美味しい」と思い、料理をもうひと口。お酒を口に含んだときには先ほどとはまた違った味わいがやってきて、そこで料理が完璧になる形。欠けていた最後の1ピースをお酒が埋めて完成するようなイメージです。飲み方に口を出すわけでは無いですが、出来れば口の中に食べ物があるうちにお酒を含んでそこでマリアージュを完成して頂きたいと思います。一方「料理とお酒が主役になるお酒」というのは、料理とお酒の比率が4:6、もしくは3:7と大きく言ってもいいくらい、お酒にウェイトがあります。料理でお酒が打ち消されず、お酒が負けないでその美味しさを保っている。また料理と食べた事によってうま味が増したりし、お酒の良さが引き出されるようなイメージです。
 
I believe that the mariage between sake and food has two different meanings. One is "sake that brings out the flavor of the food". The other is "sake that plays a starring role alongside the food".
 
"Sake that brings out the flavor of food" refers to sake that, when the drinker first takes a bite of the food, thinks is delicious, then goes for another bite. When the flavor of the food changes from the previous bite now that sake is in the mouth, the dish is complete. The sake is the last piece of the puzzle. While it is not my place to tell people how to drink, I believe the mariage is complete when sake is consumed while the food is still in the mouth.
 
Meanwhile, "sake that plays a starring role alongside the food" is sake with weight, with a 4:6 or 3:7 ratio of food to sake. The sake is not drowned out by the food and keeps its flavor. The savory flavor is increased by eating the food, drawing out the good qualities of the sake.

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE