ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~  111 右腕候補は1人ではなく10人にする
111 岡村衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 

111 右腕候補は1人ではなく10人にする

【週刊ホテルレストラン2018年11月16日号】
2018年11月16日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」として紹介していた48 種。そのPart 2 としてお届けする。

岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)
1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

よい会社は、キーマンが絶えず現れ入れ替わる
「右腕」はこうして量産する
 
 先日、私が知っている中で、人の成長速度が最も早いと感じる会社のY 社長の話を聞かせてもらった。印象的な言葉で、ほかの人と視点が違うと思ったのは「自分の右腕候補を絶えず10 人つくり、期待して、あてにして、ほめる」であった。
 
 組織を飛躍させていく上で、次を担うキーマンづくりは欠かせない。人を決めて、自分に持っているものを伝承していく。真剣にかかわっていく中で、自分の分身をつくる。これらは有能な上司の命題と言えるだろう。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE