ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • マリオット・インターナショナル 積水ハウス  自然志向・健康志向を体現する外資系ラグジュアリーホテル「ウェスティンホテル横浜」2022年春に開業
マリオット・インターナショナル 積水ハウス 

自然志向・健康志向を体現する外資系ラグジュアリーホテル「ウェスティンホテル横浜」2022年春に開業

2018年11月30日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
■『ウェスティンホテル横浜(The Westin Yokohama)』 2022年春に開業
■外国人ビジネス客・インバウンド等、多様化する宿泊需要に対応するハイグレードな宿泊施設を提供
■世界35カ国に展開する外資系ホテルブランドが、横浜・みなとみらいに初進出
 
 同事業は、積水ハウスが事業主となりプロジェクトマネジメントを行ない、マリオット・インターナショナルがホテル運営を実施するとしている。 マリオット・インターナショナルが、世界40カ国・地域に200軒のホテルを展開する「ウェスティン」ブランドは、世界中のゲストに旅行中も健やかに食べ、眠り、動き、仕事をこなし、滞在を思い切り楽しみながら、最高のコンディションで過ごすことのできる独自のウェルネスプログラムや、エネルギーに満ちた滞在を提供する国際的なブランドとして健やかな宿泊空間を提供している。
 
  「ウェスティンホテル横浜」の総客室数は、ホテル373室、レストラン、バンケット、フィットネス等を備える予定。各種特色のあるサービスも提供し、1日を快適に過ごしていただける宿泊体験だけでなく、ウェスティンブランドを代表する身体的・精神的・社会的に充実し満足度の高い滞在をゲストに提供していくとしている。
 
 同社は上記に加え長期滞在対応型ホテル201室を併設し、多様化するニーズに高品質な滞在の時間を提供するとしている。

■外観イメージ
■外観イメージ

■建築概要
所在地: 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-2-4
     JR各線「桜木町」駅徒歩12分、「横浜」駅徒歩15分
     みなとみらい線「みなとみらい」駅徒歩5分
敷地面積 / 用途地域: 9,604.59㎡(2,905.38坪) / 商業地域80%・800%
構造 / 延床面積: 鉄骨造:地上24階 / 延床面積:約64,700㎡
客室数等(予定): ウェスティンホテル373室 、長期滞在対応型ホテル201室
付帯施設: レストラン、バンケット、スパ、フィットネス、商業施設等
工期: 2019年10月~2022年1月末竣工(予定)
開業時期: 2022年5月(予定)
 
ウェスティンホテル&リゾート
 
マリオット・インターナショナル
 
積水ハウス(株)

週刊ホテルレストラン最新号
2019年06月21日号
2019年06月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテリエの賃金実態
【トップインタビュー】
(株)ジャービス 代表取締役社長 安藤 健志 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE