ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • あつみゆりか  経営者必読! ブライダル自社集客への道  第14回 WEB広告は「レポートと徹底的に向き合う作業」と心得るべき
第14回 あつみゆりか  経営者必読! ブライダル自社集客への道 

第14回 WEB広告は「レポートと徹底的に向き合う作業」と心得るべき

【週刊ホテルレストラン2019年03月15日号】
2019年03月15日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SoZo ㈱ 代表 
あつみゆりか 

〈プロフィール〉マイナビウエディング初代編集長。2 年で就任時の総来館予約数の5 倍へ育成。2015 年末に退社し、SoZo ㈱を起業。日本初のブライダルWEB担当者「ウエディングWEB プランナー®」を育成する「集客創造スクール ウエディングWEBカレッジ」を創設。現在、東京校・大阪校にて第3 期生を募集中。

 
 今回はいよいよ自社集客における難題「WEB 広告」についてお話をしたいと思います。
多くの施設のブライダルにおける自社集客はお客さまが「施設名+結婚式」というキーワードで検索をするによって成り立っています。
つまりGoogle やYahoo などの検索が命綱となっているわけです。
 
 ではなぜ「施設名」を検索する動機が生まれるのか? は大きくは2 種類あります。
1 つ目はホテルやレストランなどを日常的に利用している、もしくは知っているため「ここの結婚式ならステキなんじゃないか?」と考え検索してくるパターン。
2 つ目は何らかのウエディング媒体(雑誌・ネット含む)を閲覧し、「もっとこの施設のことを知りたい!」という欲求で検索するパターン。
どちらも施設に対して好意的な印象を持っているので「HP 経由は成約率が高い」という現象が多くなります。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年03月22日号
2019年03月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】次世代の料理人教育
【トップインタビュー】
(株)オークラ ニッコー ホテルマネジメント 執行役員 ホテ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE