ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 世界の食通がうなる美味の上海蟹料理店「蟹王府」が日本橋に日本初上陸!
毛利愼の外食エンターテイメントVol.10

世界の食通がうなる美味の上海蟹料理店「蟹王府」が日本橋に日本初上陸!

2021年02月25日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漢字「解」の書の下に蟹をおいたことで「蟹」という字を表した。夏朝時代に虫として扱われていた蟹を芭解が皇帝に献上し、その美味をかわれたことで今日まで食用として愛されてきた歴史からこの文字になったといわれる。上海蟹の歴史をリスペクトしたデザインとなっている。
漢字「解」の書の下に蟹をおいたことで「蟹」という字を表した。夏朝時代に虫として扱われていた蟹を芭解が皇帝に献上し、その美味をかわれたことで今日まで食用として愛されてきた歴史からこの文字になったといわれる。上海蟹の歴史をリスペクトしたデザインとなっている。

中国三大上海ガニ輸出商「上海成隆行グループ」が運営する至上の上海蟹専門店「蟹王府(シェワンフ)」が日本橋に日本初上陸した。日本人には「料理の鉄人」の審査員として知られ、世界的な食通としても知られる蔡瀾(ツァイラン)氏をして「一生に一度は訪れるべき最高のレストラン」と評される店舗だ。上海で5店舗を経営する同社は海外初出店となる日本出店に際し風水も意識してロケーションを決めたという。日本銀行の真向かいに居を構える店内は開運色であるネイビーとゴールドで統一され、関帝を祀り、オープン日も2020年12月12日12時12分とするなど徹底した“開運”管理がなされている。そんな同店開業には現場のマネージメントにも大いに力が入れられた。支配人には「福臨門」「赤坂璃宮」など名店の開業手腕とそのホスピタリティ溢れるサービスに定評のある野坂裕彦氏に白羽の矢が立てられ、ビバレッジディレクターには長年「NARISAWA」で活躍してきたソムリエの木村好伸氏が就任した。本国の養殖場で年4回厳正な免疫検査を受ける上海蟹は上海海洋大学との共同研究によりより安心安全かつ美味しさのDNAを持つ品種が育てられており、日本橋店でもその滋味が現地さながらに味わえる。1999年、「上海成隆行グループ」オーナーのKe Wei氏は戦後の香港をはじめとした地への富裕層の移住により失われた上海における上海蟹文化を取り戻すべく、上海蟹の売買専門店を作った。そこから約10年、上質で上等な上海蟹を上海人にはもちろん、世界から上海を訪れるグルマンに提供したいと2002年に「蟹王府」をオープンし、そこから約20年の時を経て日本に「蟹王府」を上陸させた。ちなみに同店ではキッチンは全て中国人スタッフによって取り仕切られており、蟹料理のみならず上海の伝統料理からインスピレーションを得た料理も多数オンメニューされている。彼らは守るべき味は守りつつ、日本人の求める上海蟹料理への探求にも力をいれており、今後お客さまと共に日本の「蟹王府」を育てていきたいという。ぜひ足を運ばれてみたい。
 
 蟹王府
https://www.shintai.co.jp/

シグネチャーメニューのひとつでもある“南蘇名物 夫婦蟹味噌ソースかけご飯”。一人前10匹分、オスが7割、メスが3割の割合で蟹味噌、白子、内子が使われている至福の一品だ
シグネチャーメニューのひとつでもある“南蘇名物 夫婦蟹味噌ソースかけご飯”。一人前10匹分、オスが7割、メスが3割の割合で蟹味噌、白子、内子が使われている至福の一品だ
“北京ダックに餅皮があるように上海蟹にはポーピン(筒状になった薄餅)を!”。「蟹王府」が提案した新たな上海蟹の楽しみ方だ。伝統を重んじると共に革新もする。まさに「蟹王府」の理念を体現する一品だ
“北京ダックに餅皮があるように上海蟹にはポーピン(筒状になった薄餅)を!”。「蟹王府」が提案した新たな上海蟹の楽しみ方だ。伝統を重んじると共に革新もする。まさに「蟹王府」の理念を体現する一品だ
数々の高級中華の名店を人気店に育て上げてきたオープン支配人の野坂裕彦氏。野坂氏が「蟹王府」をどのように育てていくのか大きな期待が寄せられている
数々の高級中華の名店を人気店に育て上げてきたオープン支配人の野坂裕彦氏。野坂氏が「蟹王府」をどのように育てていくのか大きな期待が寄せられている
「NARISAWA」時代から独創的かつ絶妙なペアリング提案に定評があるビバレッジディレクターの木村好伸氏。「蟹王府」でもセンス輝く提案が多くなされている
「NARISAWA」時代から独創的かつ絶妙なペアリング提案に定評があるビバレッジディレクターの木村好伸氏。「蟹王府」でもセンス輝く提案が多くなされている
メニューブックにも使われる蔡瀾氏から贈られた文字。同店に対する氏の思い入れを感じる一筆だ
メニューブックにも使われる蔡瀾氏から贈られた文字。同店に対する氏の思い入れを感じる一筆だ
風水による開運指南にそってしつらえられた店内は美食の場であると共にパワースポットでもある
風水による開運指南にそってしつらえられた店内は美食の場であると共にパワースポットでもある
週刊ホテルレストラン最新号
2021年04月09日号
2021年04月09日号
本体1,650円(税込)
【特集】完全施行まであとわずかHACCP制度化が意味する重要性
【トップインタビュー】
ヨコハマグランド インターコンチネンタル ホテル 執行役員/…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE