ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「うしごろ」ブランドを展開する㈱サングが、ホルモン専門店を中目黒にオープン!
毛利愼の外食エンターテインメントVol.57

「うしごろ」ブランドを展開する㈱サングが、ホルモン専門店を中目黒にオープン!

2022年11月25日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗外観。中目黒駅から徒歩3分。中目黒銀座の入り口近くに位置する同店は、味もコスパもアクセスもよいという、オススメ三拍子が揃った中目グルメのニューフェイスだ
店舗外観。中目黒駅から徒歩3分。中目黒銀座の入り口近くに位置する同店は、味もコスパもアクセスもよいという、オススメ三拍子が揃った中目グルメのニューフェイスだ

5年連続ミシュランの星を獲得する店舗を有し、さまざまな業態で人気の「うしごろ」ブランドを展開する㈱サングが、中目黒にホルモン専門店「炭火焼肉ホルモン うしごろ」を開業した。
 
 これまで国産黒毛和牛の美味しさにこだわり、多くの肉マニアの舌を魅了してきた同社が、今度は圧倒的な仕入れ力でホルモンでもグルマンの舌を魅了しようとしている。同店では、いずれのメニューもとにかく鮮度がよく、丁寧な仕事を感じさせる仕上げで提供されている。ともするとニオイが気になりがちな牛・豚のホルモンが、こんなに“キレイに”提供される店もなかなかないのではないだろうか? また、名物メニューであるホルモンの盛り合わせ(※内容は仕入れにより変わる)は、塩、醤油、味噌と3種の味付けで用意されている。このメニューからは、タレによる味の違いを楽しんでもらいたいというオモテナシ心を感じると共に、素材への自信を感じるところでもある。この自信はタン、ハツ、ウルテなどが揃う刺しメニューのバラエティからも感じられる。
 
 同店は、「うしごろ」ブランドのグループ店と知らずに訪れたお客さまからも支持されるだろうと思う。また、一度といわず、何度でも通いたくなるメニュー展開がなされており、一度でも足を運んだお客さまはかなりな確率でリピート客となるのではないかと予想する。ホルモン激戦区の中目黒にまたひとつ、“必食店”誕生の予感だ。
 
「炭火焼肉ホルモン うしごろ」
https://www.instagram.com/ushigoro_yakiniku/?hl=ja

どの味付けから食べてみるか? 楽しみな“名物!ホルモン盛り合わせ”。写真は他店ではあまり目にしない醤油漬けのプレート
どの味付けから食べてみるか? 楽しみな“名物!ホルモン盛り合わせ”。写真は他店ではあまり目にしない醤油漬けのプレート
“上ミノ刺し ヤンニョン和え”。焼きものでも感じるが、同店のミノは感動するレベルの柔らかさだ
“上ミノ刺し ヤンニョン和え”。焼きものでも感じるが、同店のミノは感動するレベルの柔らかさだ
“ウルテ刺し 九条ねぎ添え”。 牛の気管の軟骨であるウルテがオンメニューしている店は珍しい。ぜひ試してみて貰いたい
“ウルテ刺し 九条ねぎ添え”。 牛の気管の軟骨であるウルテがオンメニューしている店は珍しい。ぜひ試してみて貰いたい
“極みのタン”。同メニューは角切りと薄切りの2種類の豚タンで用意されている。「焼肉うしごろ」名物の、牛タンの“極みのタン”と食べ比べてみるもの一興だ
“極みのタン”。同メニューは角切りと薄切りの2種類の豚タンで用意されている。「焼肉うしごろ」名物の、牛タンの“極みのタン”と食べ比べてみるもの一興だ
数量限定で提供される“タン刺し ねぎ塩”はなんと550円!他のメニューにもいえることだが、同店のメニューはいずれもとにかくコスパがいい
数量限定で提供される“タン刺し ねぎ塩”はなんと550円!他のメニューにもいえることだが、同店のメニューはいずれもとにかくコスパがいい
韓国スタイルで提供される“本気のホルモン辛ラーメン”。辛ラーメンといっても、自家製出汁にこだわりの唐辛子を合わせたオリジナル辛ラーメンであり、そこまで辛くない。むしろ、丁寧にとられたホルモンのスープの滋味を感じる一品だ
韓国スタイルで提供される“本気のホルモン辛ラーメン”。辛ラーメンといっても、自家製出汁にこだわりの唐辛子を合わせたオリジナル辛ラーメンであり、そこまで辛くない。むしろ、丁寧にとられたホルモンのスープの滋味を感じる一品だ
週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE