ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場  連載73  社長! 社内の共通言語を使っていますか?
連載73 桃井文子のオーナー社長のための辛口道場 

連載73  社長! 社内の共通言語を使っていますか?

【週刊ホテルレストラン2017年02月24日号】
2017年02月24日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深刻な人材不足と労働への価値感の多様化が進み、同時に労働環境に対する法令厳守の流れが強まる昨今、日本企業ではかつてないほど、社員を大切にし、育成しようという機運が高まっています。本来日本企業が大切にしてきた仲間意識や信頼関係を重視する一体感ある風土作りが再び見直されています。そこで今回はこうした一体感ある組織を醸成する上で大切なポイント『社内の共通言語』について考えてみましょう。

㈱スプリングフィールド 代表取締役 桃井文子
〈プロフィール〉岡山市の老舗旅館、岡山石山花壇(現在のザ マグリット)の宴会営業スタッフとして入社。その後、婚礼部門を強化するプロジェクトを成功させ、年間2 組から339組までを達成したのは業界でも有名。同社にてウェディング・プランナー、マネージャー、支配人、営業企画室長、役員として活躍。また、関連会社 グレート:プランニングにてコンサルタントとして、12 年間、全国の数々のホテル、結婚式場の再生、婚礼強化に携わる。プランナー教育、マネージャー教育、経営者の良きアドバイザーとして定評がある。平成23 年、スプリングフィールドを設立。経営コンサルタント、衣裳・美容の内製化支援、式場のプロデュースを中心に現在活動中。2013 年5 月には、ニューヨーク支社を設立し、現地でもパーティーやイベントを手掛け、日本のウエディング、パーティーを広める活動もしている。

 
 会社のトップが言葉の意味を咀そしゃく嚼し、発信することで社員は自分たちのあるべき姿が明確になり、行動の善悪が明確になります。
 
 どの企業にも事業コンセプトや理念を持たれているかと思います。『ウエディングを通じて幸せのお手伝い』とか『ハッピー・マイ・ウェディング』などです。ではここで自問自答してみましょう! そもそもあなたの会社にとり、『ウエディング』とは何でしょうか?
 
 例えば、トップが社内に向け『ウエディングを通じて人を幸せにしよう!』と力強くメッセージしたとしましょう。しかし、私たちにとって最も身近なはずの“ウエディング”という言葉の持つ意味や価値観は個人によりとらえ方が千差万別です。上層部からすれば『ウエディングなんて知っていて当然』と思っていても実際には結婚も未経験のスタッフにはいまひとつピンと来ていないこともあるでしょう。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年05月19日号
2017年05月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテル料飲部門の活性化は婚礼料理の満足度にあり
【トップインタビュー】
リステルグループ 代表 鈴木 裕久 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE