ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • マジカル☆チームの創り方  ~ゲストとスタッフがハッピーになる仕事の仕方~  Case Study19 新人を迎える組織が行なうこと・SCSE
19 マジカル☆チームの創り方  ~ゲストとスタッフがハッピーになる仕事の仕方~ 

Case Study19 新人を迎える組織が行なうこと・SCSE

【週刊ホテルレストラン2017年04月07日号】
2017年04月07日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大住 力(おおすみ・りき)
ソコリキ教育研究所 所長
公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」代表
東京ディズニーランドなどを管理・運営する㈱オリエンタルランドで約20 年間、人材教育やプロジェクトの立ち上げ、運営、マネジメントに携わる。退社後、「ソコリキ教育研究所」(研修・講演・コンサルティング)を設立し、前職での経験を生かして、人材育成プログラムを企業などに展開している
info@sokoriki.jp
※毎週1 週号掲載

■ Case Study19
新人を迎える組織が行なうこと・SCSE
 私が育ったディズニーの世界では、その運営行動指針に“SCSE” という四つのキーワードがありました。S =Safety(安全・安心)、C = Courtesy(丁寧さ)、S = Show(ショーマンシップ)、E = Efficiency(機能・効率性)の四つを常に念頭に入れ、サービスに務めない、というものでした。
 
 今回、新人を迎える組織が行なうこととして、同様に“SCSE” でまとめてみました。まずは“Standard =標準作業の徹底” です。優先順位的にも、これが一番重要だと思います。まず、各組織において、いわゆる“ 常識・ふつう・当たり前” という作業結果や手法を取りまとめ、それを徹底して体得してもらうことです。よく職場において、新人がミスをすると、先輩が“ おい、そうじゃなくて、こういうのが当たり前でしょう。常識でしょう” と文句を吐く場面を目にします。しかし、それは決して“ 当たり前” でもなく“ 常識” でもないのです。それはただ先輩個人の当たり前、なのであって、他の人、ましてや新人にとっては、何でもないことなのです。まず、組織という集合体は、いわば、個々人があるミッションを目的に集まっただけのものであって、個々人の一人一人は、皆、“ 常識” が異なるのです。その各人が集まってできた集合体が組織であるのですから、何よりもまずすべきことは、職場において“ みんなの常識” を作ることです。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年06月23日号
2017年06月23日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ 官民一体となりスポーツと温泉 軸に鼓動する大分県の観…
【トップインタビュー】
仙台ターミナルビル㈱ 代表取締役社長 新妻 博敏 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE