ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 萩本良秀  訪日観光客を深く知る、 インバウンド・マーケティング  第7 回  空港からのバス&電車アクセス どこまで細かく書くべきか。
第7 回 萩本良秀  訪日観光客を深く知る、 インバウンド・マーケティング 

第7 回  空港からのバス&電車アクセス どこまで細かく書くべきか。

【週刊ホテルレストラン2017年07月07日号】
2017年07月07日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

萩本良秀
㈱ゼロイン DeepJapan.org エグゼクティブ・ディレクター
【プロフィール】1988 年㈱リクルート入社、「ISIZEじゃらん( 現じゃらんnet)」編集長、「じゃらんガイドブック」編集長。ぴあ㈱「@ぴあ」編集長、ヤフー㈱「Yahoo! ニュース」プロデューサーなどを経て、2013 年より800 人を超える日本在住多国籍メンバーが、日本旅行のアドバイスを英語で投稿するサイト「DeepJapan」エディトリアル・ディレクター。14 年「Mt.Fuji Travel Guide」電子書籍世界発売。DeepJapan の外国籍投稿会員(Senpai)を組織化し、訪日観光客をターゲットとした企業、団体の誘客支援を行なっている。通訳案内士(英語)、国内旅行業務取扱管理者。
 

 
訪日旅行者に向けて日本旅行の魅力を紹介するインターネットサイト「DeepJapan.org」では、日本に住んでいる数百人の外国人が、「地元ツウ×外国人目線」で、実践的な旅のアドバイスを投稿しています。この連載では、訪日旅行者が見たい、食べたい、体験したいというインサイトから、サービス業のインバウンド・マーケティングを考えていきたいと思います。
 

 
詳しい交通アクセスは、ゲストへ最初のホスピタリティー。
 私が社会人になって最初の仕事は、転職情報誌に掲載する求人広告の制作でした。毎週20 本もの原稿を慌ただしく進行し、「通勤ラクラク、新橋駅徒歩3 分」なとど安直にキャッチフレーズを書いて入稿してから反省したものですが、そんな広告に応募者が来たりすると、それはそれで複雑な気持ちにもなったものでした。 訪日旅行客の予約を呼び込もうと思ったら、ロケーションはもちろん重要で、ホテルの多言語サイトであれば、最寄駅からはもちろん、主要空港からのアクセスは書いてあることと思います。東京であれば羽田、成田からのスカイライナー、成田エクスプレス、エアポートリムジンバスの情報ですね。
 
 では、エアポートリムジンからホテルへの便があるとして、どこまで詳しく情報を多言語サイトに書いていますか?「 空港から約50分」「片道1030 円」「1日22 便」「始発6:00、最終23:30」「羽田空港国際ターミナル14 番乗り場」「チケットはポーターカウンターで発売」etc。情報は詳しいほどいいのですが、ではバスの時刻表を載せている、または公式サイトへ時刻表へのリンクを載せているでしょうか。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE