ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 大住 力  マジカル⭐︎チームの創り方 ~ゲストとスタッフがハッピーになる仕事の仕方~ Case Study27 ディズニー流ハッピー・コミュニケーション術
第27回 大住 力  マジカル⭐︎チームの創り方 ~ゲストとスタッフがハッピーになる仕事の仕方~

Case Study27 ディズニー流ハッピー・コミュニケーション術

【週刊ホテルレストラン2018年01月12日号】
2018年01月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大住 力(おおすみ・りき)
ソコリキ教育研究所 所長
公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」代表
東京ディズニーランドなどを管理・運営する㈱オリエンタルランドで約20 年間、人材教育やプロジェクトの立ち上げ、運営、マネジメントに携わる。退社後、「ソコリキ教育研究所」(研修・講演・コンサルティング)を設立し、前職での経験を生かして、人材育成プログラムを企業などに展開している

▪ Case Study27
ディズニー流ハッピー・コミュニケーション術
 皆さまのお客さまとのコミュニケーションや、社内、上司や部下との、また部門を超えたコミュニケーションはうまくいっているでしょうか。現代組織においては、ICT の進化発展に伴い、“ 機能” 的には大きな進歩が図られていますが、人対人、心と心、といった真の意味での対話(コミュニケーション)では、今もなお、なかなか難しく、人間関係の不和が原因で組織がギクシャクしたり、思わぬ方向へ進んでいってしまうことも多々あると思います。
 
 私の拠り所であり、多くを学んだディズニーにおいては、その人材育成の3 本柱の一つに“ コミュニケーション” と大きく掲げられています。コミュニケーションと単に言ってしまえばそれまでのものかも知れませんが、ディズニーにおいてすれば、“Happiness” を実感するための三つの大きな要素の内の一つに掲げられていました。ディズニーでは、そのコミュニケーションにおいても三つに大別して、そのポイントを説いています。今回は、そのコミュニケーションについて、ご説明しましょう。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第七回  (株)横浜君嶋屋 売れるか売れないかではなく「飲み続けられる酒」を基準に選ぶ
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 連載⑮ 資産の総合管理(アセットマネジメント)
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
CLOSE