ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 人を育てるコーアクティブ・コーチング® 「聴き方」の角度を少し変えるだけで、こんなに部下育成が楽になる! 第十七回 ささいな一言の威力
第十七回 人を育てるコーアクティブ・コーチング® 「聴き方」の角度を少し変えるだけで、こんなに部下育成が楽になる!

第十七回 ささいな一言の威力

【週刊ホテルレストラン2018年03月02日号】
2018年03月02日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーアクティブ・コーチング®〈4 つの礎〉
① 人はもともと創造力と才知にあふれ、欠けるところのない存在である
② 今この瞬間から創る
③ その人すべてに焦点を当てる
④ 本質的な変化を呼び起こす

今回は、「コーアクティブ・コーチング® から学ぶささいな一言」、と題して書いていきたいと思います。コーチングだからと大層に構えてかかわるというより、日常の会話に少し取り入れるだけで、相手の受け取り方やインパクトが大きく変わるちょっとしたスキルや一言を中心にお伝えしていきましょう。また、うまくいかない理由が何なのかについても書いていきたいと思います。
 

株式会社ウエイクアップ
ラーニング事業本部チーフディレクター
柴原陽子

〈プロフィール〉大阪生まれ。1986 年ヒルトン大阪の開業時に入社し、人事部長付秘書を経てトレーニングマネージャーとして教育全般に携わる。2000 年のユニバーサル・スタジオ・ジャパン® の開業時には、教育研修担当として入社し05 年パーク全体のゲストサービス統括として初代ゲストサービス・クオリティー・マネージャーとなる。就任中はゲストサービスにおいてパーク全体で様々な施策を展開してきた実績をもつ。人材育成コンサルタントとして独立後は、伊豆熱川温泉旅館の「女将」経験も活かしながら、ホテル・旅館を主としたホスピタリティ産業企業を中心にコーチング手法を取り入れた教育と企業の発展にむけた組織改革を行っている。また、「コーチング」を02 年より学び始め、現在は㈱ウエイクアップと契約し、コーアクティブ・コーチング® のプロフェッショナルコースのトレーナー兼同社ラーニング事業本部チーフディレクターとしてコーチ育成事業に携わることで広く社会に広める活動もしている。
「コーアクティブ・コーチング®」は株式会社ウエイクアップ CTI ジャパンの登録商標です。より詳しくお知りになりたい方は、CTI ジャパンのホームページをご覧ください。
http://www.thecoaches.co.jp/

今回は、「コーアクティブ・コーチング® から学ぶささいな一言」、と題して書いていきたいと思います。コーチングだからと大層に構えてかかわるというより、日常の会話に少し取り入れるだけで、相手の受け取り方やインパクトが大きく変わるちょっとしたスキルや一言を中心にお伝えしていきましょう。また、うまくいかない理由が何なのかについても書いていきたいと思います。

いったん受け取る「~なのですね」
 
 私がよく現場で耳にする会話を事例にしてみましょう。
(例1)A 氏「私は〇〇だと思うのです」
B 氏「いや、私は…」
 
 A 氏の話したことについて即座にB氏が返答もしくは反応するかかわりです。同じ考え方だと「そうそう!」と盛り上がるのですが、違った場合にA 氏に起こることとしては「受け取ってもらえなかった」「聞き入れてもらえなかった」「否定された」という「解釈」です。「解釈」とは厄介なもので、勝手な受け手の側の理解であり、発信する側に意図がなくても起こります。そこから発展し、その勝手な「解釈」によって関係性にヒビが入ることも少なくありません。そこで、いったん受け止めるかかわりを試してみましょう。
 
(例2)A 氏「私は〇〇だと思うのです」
B 氏「なるほど。A さんは〇〇だと思うのですね。では次に私の意見も話してよろしいでしょうか…」
 
 前後に少し言葉を足しましたが、違いがお分かりでしょうか。この「~なのですね」の一言がとても重要なのです。例2 の場合、A 氏はB 氏に受け止めてもらえたのでB 氏の意見も聞いてみよう、という気持ちになります。コーアクティブ・コーチング® においてクライアントが質問に対する答えを言葉にしたとき、「A さんはこのことを〇〇のように感じていらっしゃるのですね」と「反映」します。これは、これまでもお伝えしてきた「コーチは鏡のような存在」につながります。関係性において何よりも大事なのは「信頼」です。自分を無視されたり批判されたりすることなく、考えをそのまま受け取ってもらえた相手との間には「信頼」が生まれます。ぜひ、自分の意見を言う前に一言「A さんは〇〇だと考えているんだね」を取り入れてみてください。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE